政治

<#テレビが絶対に報道しないニュース>テレビ朝日のプロデューサー過労死前後にも別の職員や派遣社員に労働基準監督署が是正勧告を3回も出していたことが判明~ネットの反応「過労死にセクハラ…どんだけブラック企業だよ」「さっそく官僚の報復が始まったかw もっとやれ」

投稿日:

2018年5月18日 19時29分

 50代の男性プロデューサーが狭心症発症後の2015年に過労死したテレビ朝日で、別の職員や派遣社員に労使協定(三六協定)を超える違法残業があったとして、三田労働基準監督署が14〜17年、同社に対し少なくとも3回にわたって是正勧告をしていたことが18日、関係者への取材で分かった。

 テレビ朝日は複数回の是正勧告があったことを認めた上で「勧告に対しては、いずれも是正報告をしています」とコメントした。勧告を受けて、長時間労働者の産業医面談など健康確保措置の強化、勤務時間の把握徹底といった「働き方改革」を進めているとしている。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018051801002483.html

※関連ニュース

テレビ朝日のドラマのプロデューサー、2015年に過労死 労基が認定 テレ朝「遺族の意向もあるので公表してませんでした」

テレビ朝日のドラマのプロデューサーだった男性社員(当時54)が2015年2月に心不全で死亡したのは長時間労働による過労が原因だったとして、三田労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが16日、同社への取材でわかった。

 広報部によると、男性は労働時間の規制が緩い「管理監督者」だった。13年7月に出張先のホテルで心臓疾患で倒れ、病院に運ばれたという。三田労基署は、倒れる直前の3カ月間の時間外労働が70〜130時間に及び、「過労死ライン」とされる月80時間を超えていたことを確認。14年10月に労災認定した。男性はその後も療養を続けていたが15年2月に心不全で死亡。労基署は、残業と死亡との因果関係も認め、同年7月に過労死と認定したという。

 同社は取材に対し「当社社員が15年2月に亡くなり、過労死認定をされたことにつきましては、極めて重く受け止めております。当社では現在、全社をあげて有給休暇取得の奨励など『働き方改革』に取り組んでおり、社員の命と健康を守るための対策をより一層進めてまいります」とコメントした。「当時ご遺族の意向もあり、公表は差し控えさせて頂きました」としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000090-asahi-soci

管理人
ネットの反応
名無し
過労死にセクハラ…どんだけブラック企業だよ
名無し
テレビ局の社員だからニュースになったが、下請けの制作会社の社員は 秘密裏にもっと過労死してるんだろ。
名無し
報道しない自由w
名無し
さっそく官僚の報復が始まったかw もっとやれw
名無し
こんなコンプライアンスにもとる糞みたいな会社が他者を批判するとかアタマおかしい!w
名無し
ワロタ
こいつらもう世の中に意見する資格ないだろ
名無し
ギリギリセーフ(後藤謙次)
今年4月の過労死は どうなった?(完全アウト)
名無し
セクハラにブラック労働に、本当マスコミは自分の所を正してから人様を非難しろよw

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ

-政治

Copyright© アノニマスポスト , 2018 All Rights Reserved.