【速報】超朗報! 米議会、台湾との政府レベル交流促進する法案可決~ネットの反応「日本も続け!」「ホント激流の如く情勢が動いてるよな。 日本のメディアと団塊の取り残され加減はそろそろ洒落にならんぞ」

アメリカ議会は、これまで控えてきた、アメリカと台湾の間での閣僚や高官の相互訪問を促進すべきだとする法案を可決し、中国政府が強く反発することが予想されます。

アメリカ議会上院は、28日夜、台湾旅行法の法案を全会一致で可決しました。法案は、アメリカと台湾の間での閣僚や高官などあらゆるレベルの相互訪問を促進すべきだという内容で、議会下院はすでに可決していることから、トランプ大統領が署名すれば、法律として成立します。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180301/k10011347591000.html

管理人
ネットの反応
名無し
肉まん激おこかな
名無し
やるじゃんw
名無し
日本も続け!
名無し
中国と台湾は違う国だからね
名無し
アメリカはこれから本格的に中国と経済戦争を行う。
日本は不必要に中国に近寄るなよ
親中売国議員を日本国民全員で監視しましょう
名無し
中国の太平洋進出を防ぐには台湾を引き入れないとな
当然だけど、これで韓国切るのも早まったな
名無し
中国おこ?
名無し
住民投票で国名を台湾にしようって話あるんだね
名無し
ホント激流の如く情勢が動いてるよな。 日本のメディアと団塊の取り残され加減はそろそろ洒落にならんぞ。

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ

12 件のコメント

  • 歴代の、糞みたいな大統領達が手をつけずに放置し続けた「エルサレム首都宣言」をやったトランプ大統領が、今回の法案に署名しないなんて事は無いだろうから法律成立だな。

    • トランプがこれを対中交渉カードにしないわけがなく
      中国側の対北朝鮮圧力か、対米赤字を減らす方向での
      市場規制撤廃などの出方次第では不成立もあり得る。

      • >トランプがこれを対中交渉カードにしないわけがなく
        >中国側の対北朝鮮圧力か、対米赤字を減らす方向での
        >市場規制撤廃などの出方次第では不成立もあり得る。
        長々と妄言乙。
        上院下院共に可決済で大統領の署名待ち状態なのに、そんな卓袱台ひっくり返す様な真似する訳ねぇだろ…

  • アメが台湾と国交を結ぶなら日本が結ばないなんてこともないだろう
    中華怒らせたうえにアメにそっぽ向かれるリスクがなくなれば台湾を味方につけない理由がない

  • 上院も下院も全会一致で可決、というところが支那の焦りを引き出すだろうね

    次は台湾に海兵隊を駐留させるかなw
    最近離任したばかりのLDHボノムリシャールがダナン港に係留中なんだが、
    そのまま南シナ海をウロウロしながら台北港に入るんじゃないかと思うんだよねw

  • 李登輝さんが、国名を台湾とする法律を準備中とのこと。

    日本単独では、厳しいので、この際米国の動きに便乗しよう!台湾の存在は、日本にとって心強い。

  •  抑々。米国が共産シナと関係を持ち始め多のは、「13億の市場が眠って居る」と言うキッシンジャーの戯言を信じたからだが、その言が全くの妄言であった事は、この20年位で完全に証明された、米国は強大な敵を育てて終ったダケだった。
    ダカラ、台湾に回帰し始めたってわけだろう。共産シナは、習近平に拠って、完全に独裁の全体主義国家になったしね、是以上付き合うメリットは無い。

  • 欧米諸国にはかつて、「黄禍論」という言葉が流行ったらしい。
    アメリカは、これは日本の事だと思い、戦争をしかけた分けですが、、黄禍とは、志那の事だとやっと気ずいてくれたのかねえ。

  • 親日派ばかりではないし、大陸系が入り込んでても気づけないし文化も違うんだから
    くれぐれも慎重に

  • ああ。台湾の人も喜んでいるでしょう。
    トランプ大統領のおかげで、日本も台湾との国交がやりやすくなったかな。
    シナは発狂して、分断のための謀略を仕掛けてくるだろうけど。
    トランプ大統領は、いろいろいと安倍首相のために露払いをしてくれているように思う。
    「保守=反米」との思い込みでトランプ批判している人たちは、もう一度アメリカの権力構造と、トランプ登場以降の世界情勢の構造的な変化を知るべき。
    マスゴミはこのニュースを報じないだけでなく、親日大統領のトランプ・ネガキャン。
    まったくどこの国のマスゴミなんだか。

  •  半導体等の大陸への頭脳流出で台湾も困っているらしいが、
    こうした防止策は日本も苦手で、やはり政治レベルで米が助け
    た方が良い。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)