【#フェイクニュース】「国の借金1085兆円 過去最大に 国民1人あたり858万円」~ネットの反応「債権者は誰ですか?」「TBSか…まだ国の借金詐欺報道を働いているのは…」

 財務省は、去年12月末時点の国の借金が、1085兆円あまりと過去最大となったと発表しました。

財務省の発表によりますと、国債と借入金、政府短期証券を合計した国の借金が、去年12月末の時点で1085兆7537億円と、過去最大でした。今年1月1日時点の人口で計算すると、国民1人当たりおよそ858万円の借金を抱えていることになります。社会保障費などをまかなうために、国債の発行額が膨らんでいることなどが要因です。

これまでの最高額は、去年9月末時点の1080兆4405億円で、5兆3132億円増えたことになります。

2月9日
TBSニュース
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3288839.html

管理人
ネットの反応
名無し
めんどくさいから直接返したんだけど
誰に返せばいいの?
名無し
また出世の為に増税したい財務官僚のフェイクかよ
いい加減にしろ反日クソ財務省
名無し
債権者は誰ですか?
名無し
財務省が国民一人当たりに858万円返してくれるって事か
やったぜ
名無し
借金ねぇ
カラクリを知ってる奴からしたらフェイクニュースにしか見えん
名無し
同意
名無し
まぁカラクリ知らない日本人をどれだけ騙せるかって思いで毎年出してんだろ。
財務省の増税に対する態度は最早強迫観念染みていて怖いわ。
名無し
財務省ホラーw
債務だけじゃなく債権も言えよ!
日本は世界一の債権国家だろ!

名無し
500兆は日銀が貸してるんだよ!!
毎年50兆くらい借金減ってるだろ!!
財務省 滅びろ!!!
名無し
日銀が 国債を破り捨てれば 良いだけな気がする
名無し
借金した覚えはないんだけど
この洗脳もいい加減飽きてきた
名無し
国民1人あたりとか検討違いの例えもいいところ
さも国民の借金みたいに言ってるが、国が国民に対して借金してるんだからな
名無し
在日放送TBSよ、人口で割ることの無意味さを国民は気が付いてる
名無し
TBSか…まだ国の借金詐欺報道を働いているのは…
名無し
自分の分はさっさと返したいんだがどこに払えばいいんだ?
名無し
財務省は国民をナメてる!殆どの日本国民に嘘がバレてるだろ!

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ

12 件のコメント

  • 国の借金って・・・国民が借金してる訳ではない。

    日本国政府の負債が、正しい。日本国政府のバランスシートを見て判断するべきだ。
    資産=負債+資本・・・・つまり日本国政府の負債は、日本の実情を分析すると日本国民の資産になっている。国のバランスシートを家計簿のように見るのは大変な間違い。年々日本国民の資産が増加していると考えればよい。日本国政府の負債を日本の人口で割るなどと云う計算は、財務省のインチキ計算で無意味である。

    財務省、外務省、文科省は、利権見まみれた三大売国官庁だ。

  • ざっくり見ると、財務省が国民1人に付いて858万円の負債を抱えており、国民一人当たり858万円の資産を持っていることになる。日本国民は、金持ちだ。

    さらに、財務省の発行する円建て国債(負債)が、順調に売れていれば問題ない。国民の資産が、順調に増加していることだ。日銀が市場から買い入れることが出来る。
    財務省が国債を償還(返済)する場合、日銀が借り換えを行うこともできる。例えば、償還期間を数十年以上にもできる。

    政策的には、日本経済を成長させ、上記の国家レベルでの財政運営がスムーズに拡大循環することが重要だ。
    マスコミや殆どの経済学者は、財務省の支配下にある。財務省は、伝統的に国家財政を支配すると云うだけの目的で活動している。今や財務省は、日本経済の発展の障害になっている。

  • こんなの与太話だって『普通の(まともな)人たち』は皆知ってるんだけど、「ちゃんと貸借両方開示してみろよw」みたいなツイートをすると、「私は会社で経理担当だった人間なんだが」などと前置きしながら、本気で噛み付いて来て糞理論展開するのが反日パヨクなんだよなwwww

  •  他国の状況・・例えば、共産シナの場合、その額33兆ドル=3700兆円に上っているが、日本とは違い、此方は殆ど外債、つまり純借金なので、近々のイン閔ゲ暴落は確定している。 其処で、シナ政府は、目くらましの為に、一帯一路プロジェクトを発動して、開発が遅れて居る中央アジア各国のインフラ整備を受注して、裏金をせしめて、トンずらするつもりだったが、肝心の契約の成約が、その強引な内容と賄賂中心の交渉手法がバレて、難航しているし、過去に成約したものも、技術的な問題を克服できない、現地の法律に適合できない等の理由で、既に10兆円の工事がキャンセル、亦は、キャンセル寸前。 シナは、資本主義経済では無いので、簡単に破綻しない様に思われているが、同自理由で、復活も出きない事をお忘れなく。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)