<子宮頸がんワクチン>マドックス賞受賞の村中璃子氏「元東京都知事の娘で被害者団体と親しいNHKプロデューサーは、私の住所や職場や家族構成を知ろうと熱心だった。私と家族には山のような脅迫のメッセージが届いた」~ネットの反応「どの都知事だ?」

 

「産経と道新のみ」とツイートした医師・村中璃子氏 子宮頸がんワクチンの安全性を積極発信のワケ

英科学誌「ネイチャー」などが主宰し、公益に資する科学的理解を広めることに貢献した個人に与えられる「ジョン・マドックス賞」の2017年受賞者に、子宮頸がんワクチンの安全性について積極的に発信してきた医師でジャーナリストの村中璃子氏が選ばれた。ロンドンでの授章式を終えた村中氏に、この賞の意義やワクチンをめぐる日本の状況などについて聞いた。

--村中さんは平成27年10月、雑誌「Wedge」で「あの激しいけいれんは本当に子宮頸がんワクチンの副反応なのか」とする記事を執筆し反響を呼んだ。激しく体をけいれんさせる女の子の衝撃的な映像が報道されて子宮頸がんワクチンは怖いというイメージが社会に広がり、厚生労働省も25年6月以降、積極的な接種勧奨を差し控えている。ところが、村中さんはそうした症状がワクチンの副反応ではなく、「思春期の少女にもともと多い病気の存在が顕在化した」と結論づけた。多くの賛同の意見が寄せられた一方で、被害を訴える人たちを中心に反発の声も出た。なぜ記事を執筆したのか

「シンプルに言うと、女の子のためです。後になって、『大人は本当のことを教えてくれなかった』とショックを受ける子や、子宮頸がんになる子がいるかもしれない。10代の一番いい時期に、女の子の健康がワクチン反対を訴える大人たちの食い物になっているのが、医者である前にひとりの大人として許せないと思いました」「記事を書く前は、こんなに闇が深い話だと思っていませんでした。テーマがテーマを呼び、医者でありながら他の医者を取材し、医者でありながら患者を診察するのでなく取材することになりました。(略)」

--授賞式のスピーチでは、記事に対する被害者団体からの抗議が、出版社の株主の社長室や株主の会社に影響力のある政治家のところにも寄せられたと明かした。
『元東京都知事の娘で被害者団体と親しいNHKプロデューサーは、私の住所や職場や家族構成を知ろうと熱心だった。私と家族には山のような脅迫のメッセージが届いた』とも述べた。

http://www.sankei.com/premium/news/171216/prm1712160022-n1.html

管理人
ネットの反応
名無し
朝日のデマで、どれだけ犠牲者がでるんだろうか
名無し
猪瀬の子供はNHKで働いてるって噂は5年ぐらい前からあるな・・
ただ確実なソースが無い
名無し
このワクチン被害がデマだったと最近知って、ますますメディアって信用ならんっておもったわw
名無し
被害者ビジネスっておいしいんだろうな
名無し
サヨクが政局利用のために騒ぎ立ててるだけなの見え見えだったやんけ
名無し
子宮頸癌ワクチンの風評も、きっかけは朝日新聞
名無し
青島幸男の娘は作家だったな
名無し
放射脳も同じような連中がわんさかいるな
名無し
なんでナチュラルに家族まで視野に入れて脅迫しようとするの
名無し
こういう医療被害者に寄生する左翼連中の常套手段だろ
家族や勤務先、取引先に圧力かけるの
名無し
青島、石原、猪瀬、舛添、小池
小池女史はないから、青島以降舛添までのどれか
名無し
1974年生まれの娘、NHK局員の噂があるのは
猪瀬っぽいねぇ

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ

24 件のコメント

  • ワクチンも大事な話だけど、これって性病でしょう?
    今みたいに、握手感覚で性行為を行うような風潮を少し改める必要があるのでは?
    リベラルの好きな欧米は、思いの外日本より貞操観念が高いらしいじゃないですか。

  • 上念司の大デマキャンペーンを信じる奴多すぎ
    海外でもめっちゃ副反応被害出てるっちゅうに
    重篤な副反応なんかないことにしたいから、思春期とかノセボとか心因性とか適当な理由持ってきてるんだよ

    • 上念司は誰に洗脳されちゃったんだろう?
      ご本人は厚労省HPのQ&Aに載ってるような基礎的なことも知らないで発言してるよね。

      • 高橋洋一氏もこのネタについて副反応のリスクを公衆衛生論と確率論だけでコメントしてる。
        上念司氏ほど煽っていないものの、このワクチンが3回の筋肉注射であること、日本では過去筋肉注射で
        歩行障害が生じた事すら知らないで発信してる。

    • WHO and the pandemic flu conspiraciesとかWHO ignore warning signals on dengue vaccineで検索してみればいいよ。あとNATUREはホメオパシー論文載せる雑誌だということも覚えとくといい。Nature vol.333,June 1988,p816-818で検索してみ。

      • マドックス賞はネイチャーの賞じゃないぞ。委員の一人が編集部から来てるだけで、実質はコーン財団という組織の賞。しかもそのコーン財団はワクチンメーカーに投資してる。

  • 元々WHOは製薬会社とずぶずぶ。
    村中氏はかつて製薬会社の社員でWHOに勤務していたこともあり、今現在は、名誉毀損裁判の被告だ。
    ネイチャーはこの賞のスポンサーの一つに過ぎず、選考には関与していない。だいだい今まで「ジョン・マドックス賞」なんて聞いたことありました?

    • だよな。陰謀論どころか、インフルエンザワクチンではWHOはEU議会から批判を受けてるし、デング熱ワクチンでもWHOが学者の警告を無視して病状を悪化させたことがニュースになってるぞ。
      WHO and the pandemic flu “conspiraciesとかWHO ignore warning signals on dengue vaccineで検索してみればいい。

  • あれれー?
    子宮頸がんワクチンって、厚生労働大臣時代の舛添要一がゴリ押しして
    バラ撒いた毒薬なんじゃなかったっけ?
    接種後の副作用なんかは序の口で、ワクチン接種者が適齢期になって
    妊娠出産を考え出す頃にはすっかり去勢されてて、日本民族は子孫を残せず
    自動的に民族浄化されてしまうという恐ろしい代物だって聞いてたんだけど

  • ワクチン接種を妨害して、日本死ねを実行しているのは、何もNHKだけじゃないぞ
    <インフルワクチン>乳児、中学生に予防効果なし(毎日新聞)なんてことをやってた、新聞名を見れば納得の、自称ファクトチェック機関がいるから
    悲しいことに、「データが少なく効果検証できない」を「効果が無い」と言い切る、医療知識以前の問題がある馬鹿な記者が新聞記事を書いているのが、日本の惨状だから
     
    きちんと医療機関は金もうけ主義だとかいう、マスゴミのフェイクニュースに騙されずに、病院で医療知識と資格のある人から、医療情報は聞こう

  • 反ワクチンがこんな所にも湧いてんなあ
    ワクチンがそもそも何であるかすら知らないで風評被害まき散らさないでほしいわ

  • 子宮頸癌は、特定の型のヒトパピローマウイルスの接触感染により発症する。このウィルスは寄宿細胞を破壊せず血中に侵入することはない為、罹患しても抗体が生成されにくいという性質を有する。また、上皮細胞に寄宿しても1年後で70%程度消滅するとのレポートもある。
    このことから、インフルエンザのような飛沫感染ではないのは明白であり、果たして中学生に必要不可欠なものかと問われれば、患者利益の観点からは必要はないと言わざるを得ない。
    ワクチン万能論もよいが、リスクを伴う事も理解して頂きたいし、またこのような環境下だからなのか、
    結核予防法・ワクチン行政が本来の病気を予防するという目的を逸脱し利権構造を形成しているのが現状なのである。

  • >>果たして中学生に必要不可欠なものかと問われれば、患者利益の観点からは必要はないと言わざるを得ない。ワクチン万能論もよいが、リスクを伴う事も理解して頂きたいし、またこのような環境下だからなのか、 結核予防法・ワクチン行政が本来の病気を予防するという目的を逸脱し利権構造を形成しているのが現状なのである
     ↑は、現役のプロのご意見と拝察する、有難うございます。製薬会社の陰謀論は数多あるし、其の幾つかは、真実なのだと思う。 この子宮頸がんワクチンもそうだと言い切れないと言うのが、今の段階なら、安全性が確保されたとは言えないのだから、使用するのは止めるべきではないか。

  • 反ワクチンと陰謀論は相性が良いのかね、やはりこうい声の大きい馬鹿に合わせた結果がこの被害だし、豊洲移転ではないが、「科学が風評に負ける」の代表例よな。

  • 地方ですが、
    注射はものすごく痛くて失神した女の子がいると普通に噂になっていた。
    娘には「男の人と付き合うようになってかかるかものガンだから、今は止めよう」と打たなかった。
    どっちが正しいのかはっきりしてほしい

    • 注射が痛くて失神と、子宮頸がんワクチンを是非は関係ないと思います
      注射が苦手な人は、針を見ただけで失神しますから、それを避けるべき根拠にする意味がわかりません
       
      男の人と付き合ってからと言いますが、娘さんの交友関係を完璧に把握できるような関係性なのですか?
      ご自身が若いころを考えれば、誰と付き合ってどこまで進んだ関係性なのかということを、一々親に報告しますか?
      知ったころには、ワクチン接種のタイミングを逃していることになるくらいなら、そんな噂を鵜呑みにせずに、いくつかの医療機関をまわって専門知識を語れる医療関係者に話を聞けばいいと思います
       
      ネットには、製薬会社の陰謀や病院の金もうけ主義だと、本気で主張する奴もいるので、そういう根拠のない話に惑わされないためにも

  • ことワクチンや処方薬における安全性と危険性の大半は
    関係性は否定出来ないが、医学的に原因と証することも出来ないという言葉に収束します。
    つまり、関連性を医学的に証明出来なければ安全が担保されたという訳でも、またその逆でもないということです。
    (例えば、喫煙と肺癌の関連性は否定できないが、医学的にその主原因と証することは出来ていないと同義)

    ただ気になるのは、ワクチン接種を厚生労働省が中学校に上がった時期と定めている事、子宮頸がん定期検診をセットしている事、
    また現在接種は努力義務となっておりますが、義務教育期における積極的推進となれば、高校入学時に接種証明の提出を義務付けられ
    各自自己責任による強制接種になると云う事です。

    子宮頸がんの原因となるHPVは接触感染によるものですから、中学校においてはワクチン接種より教育と啓蒙をまず行うべきと存じます。
    少し穿った見方をすれば、記事における中村医師はWHOの元関係者であることから、ワクチン接種とその追跡データ収集の為に若年期から
    のワクチン接種を奨励しているようにも見て取れることが、いまの反発を生んでいるのかも知れません。

    ワクチン接種は強制となれば抗いようがありませんが、現時点では患者利益で判断すべき事と存じます。

  • 反ワクチンの言い分が、反原発の使いまわしみたいな難癖しかなくて笑う
    全部陰謀論ばかりだな
    製薬会社の利権→東電の利権で見た
    こうやって馬鹿が馬鹿を騙して、犠牲者を増やそうとしていることが良くわかる

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)