最高裁 NHK受信契約義務 「合憲」 NHK側の「契約を申し込んだ時点で自動的に成立する」との主張は退ける~ネットの反応「なんか俺らの勝利みたい?」「え!じゃあNHK的には嫌な判決出たって事なんだ」「事実上NHKは負け」


 

<NHK受信契約、成立には裁判必要最高裁>

NHK受信契約をめぐる6日の最高裁判決は、受信契約が成立する時期について「裁判で契約の承諾を命じる判決が確定すれば成立する」とした。「契約を申し込んだ時点で自動的に成立する」とのNHK側の主張は退けた。契約を拒む人から受信料を徴収するためには、今後も個別に裁判を起こさなければならない。

またいつまでさかのぼって受信料を徴取できるかについては「テレビ設置時点まで遡って受信料の支払い義務がある」とした。

配信2017年12月6日 15:25
日経新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO24323400W7A201C1000000
—————————————————————————-

<NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 テレビ設置以降の受信料支払い命じる>

テレビがあるのに受信契約を拒んだ男性に、NHKが受信料を請求できるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、「放送法はNHKとの契約を強制する規定」とし、「受信料制度は合憲」との初判断を示した。大法廷は男性側の上告を棄却。男性にテレビ設置以降の全期間の受信料支払いを命じた1、2審判決が確定した。

放送法64条1項は「受信設備を設置した者は、NHKと受信についての契約をしなければならない」と規定している。男性は平成18年3月にテレビを設置。NHKが23年9月に申込書を送ったが契約を結ばなかったため、NHKが契約締結や受信料の支払いを求める訴えを起こしていた。

放送法の規定の合憲性が最大の争点で、男性側は放送法の規定は「契約締結への努力義務を定めたにすぎない」とし、契約義務を規定しているとすれば「契約の自由」を保障する憲法に違反すると主張していた。

NHK側は、不偏不党の立場から多角的視点で放送を行う公共放送としての役割などを踏まえれば「受信料制度が憲法に違反しないことは明らか」と反論。法相からも「合憲」との意見書が提出されていた。

(1)契約を拒む人との受信契約はどの時点で成立するか(2)受信料をいつまで遡って支払う義務があるか-も争点となっていた。1、2審は、NHKが申込書を送っただけでは契約は成立しないが、NHKが未契約者を相手に訴訟を起こし、勝訴が確定した時点で契約が成立すると判断。男性に、テレビ設置時まで遡って受信料を支払うよう命じた。

配信2017.12.6 15:15
産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/171206/afr1712060041-n2.html

—————————————————————————-

関連

■NHKは控訴審で勝訴しているのになぜ最高裁判所での審理を求めたのか

実は、控訴審(最高裁判所の前の裁判)では受信料を支払うように命じる判決が下りNHKが勝訴しています。

それにもかかわらずNHKは、さらに最高裁判所での審理を求めました。
それはなぜか?

NHKが“受信料契約がどのように成立するのか”という点にこだわったからです。

控訴審では、受信料契約を拒否する受信者に対する受信料契約は“判決が下ることによって成立する”とされました。

しかし、このような判例が生まれてしまうと、NHKは受信料契約を拒否する受信者に対して、
ひとりひとり裁判を起こして判決を得なければならず、膨大な手間と費用がかかります。

そこでNHKとしては「NHKが契約締結を申し入れてから2週間経ったら契約が成立する」ということを認めてもらいたいのです。

https://www.google.co.jp/amp/s/citrus-net.jp/amp/22493

関連ツイート

管理人
ネットの反応
名無し
■今回の判決の解説(まとめ)■
・契約しなかった人が対象(被告)
・契約承諾の意思表示さえしなければ、「裁判外」で契約が成立することはない
・しかし、「意思表示せよ」との裁判を起こされたら、判決確定日に契約成立
・受信料は受信機設置月まで遡って払わないといけない
→しかし設置月の挙証責任はNHKにあり、事実上、立証不能
→万一、立証に成功しても、時効が援用できる(5年)
※まとめ
NHKのコールセンター、うそばっかつくので、裁判起こされるまで待ったほうがお得w
名無し
> →しかし設置月の挙証責任はNHKにあり、事実上、立証不能
NHKはテレビの型式や入居日などから推定し、所有者が反証しなければ確定かと
> →万一、立証に成功しても、時効が援用できる(5年)
弁済期の定めのない場合、契約成立時=判決確定時から時効起算されるので無理
名無し
NHK=探偵かよw
名無し
奴らはどこで調べたのか引っ越すとマジで勝手に現れるからな
名無し
契約内容は法律で規定されてないなら、こちらの提示する内容で契約しますってのはダメなの?
例えば見てあげるから10万円下さいとか。

名無し
NHK受信料強制徴収合憲と判決を下した
裁判長・寺田逸郎氏
名無し
寺田め
名無し
なんか俺らの勝利みたいだな
名無し
NHKが一番とりたかった判決はこれだぞ。
だからNHKが一審二審で勝ってるのに上告したんだぞ。
NHKが受信機設置を確認できない家には裁判を起こせない
名無し
どゆこと?頭悪いからわからないよ。教えてたも
名無し
NHKは受信機設置を確認していて契約しない世帯には申し込みから2週間で裁判をしなくても契約が成立すると主張していた。
それが退けられた。
契約をしてほしいなら裁判をしなさいということ。
名無し
え!じゃあNHK的には嫌な判決でたって事なんだなあ。義務化されたから、さぁ払え!払わなければ強制執行なぁ。ってわけじゃないんだな。
さんきゅー
名無し
そう自動契約が退けられたNHKの実質負け。
この裁判の被告はBS放送のテロップ消して受信機設置の通知をNHKにした。
すなわちNHKを視聴した。
見たなら契約するのは当たり前。
合憲は別に変じゃない。
名無し
要するに、今まで通り「テレビありませんよ?」といえば逃得なのなw

名無し
事実上NHKは負け。 一番欲しかった「NHK独断での契約」は退けられた。
名無し
今までテレビありませんよって言って帰ってもらっていれば、その日までは少なくともTVがなかったと証明できるわけで、これからもテレビありませんって言い続けて帰ってもらえば、NHKと契約する必要ないわな。
集合住宅民は楽でいいわ。
名無し
「NHKはさっさとスクランブルかけろ!裁判所はお前のプロレスに付き合ってるほど暇じゃねーんだよ!」
裁判官はこれぐらいの事言えや。
名無し
見ないしテレビは買わないし払いませんよ。日本の家電を潰したのはNHKと総務省だ!

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


11 件のコメント

  • 偏向報道については審理の対象外か。特定企業の宣伝ばかりしてるから、受信料いらねーだろという話にはならないのか:。

  • ”この解決法は簡単で、電力や電話のように払わない人には放送を止めればいい”(池田信夫氏談)
    この提言はすばらしい。NHK受信料を払わない多数の国民との妥協を可能に妙案だと思う。

    • >”この解決法は簡単で、電力や電話のように払わない人には放送を止めればいい”(池田信夫氏談)
      裁判所もこのくらい言ってほしいわ。

  • 「契約書を一方的に送りつけた時点で相手との契約が成立する」なんていう非合理な要求を
    あたかも正義みたいに法的な場でいけしゃあしゃあと主張するNHKみたいな組織が
    公共放送を名乗ってていいの!?どう考えてもおかしいよ!

  • でもこれNHKが裁判さえ起こせば部屋に入らなくても「正確な調査」が発生して遡及請求されることになるし支払い義務が明確に発生するんだが。
    何か甘く考えてる奴いないか?

  • >法相からも「合憲」との意見書が提出されていた。
    法相も余計なことしやがって。
    NHKが毎回勝訴しないと強制的に契約できないとしても、訴訟をチラつかせて法律に疎い一般人を脅すことが横行しそうだ。

  • 基本自民だがとりあえずどこの党でもいいから
    最寄りの国会議員の事務所に電凸しようや
    多くの国民がスクランブル化する法律作れって
    要求すれば無視はできないだろ?ダメ?

  • 以前スマホやパソコン持ってるだけで支払いを強要したなんて例があったがそれらの一件も裁判すれば詐欺罪てNHKを懲らしめれるのでは?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)