空港に捨てられた犬。1ヶ月主人を探し回り、自分が捨てられたことを理解する→重度のうつ状態に陥り、食事を拒否して死亡~ネットの反応「うわぁ、切ないな…」「飼い主も同じ目にあいますように」「その点ハチ公は毎日駅前で餌をもらい図太く生きてたよね」


 

コロンビアの空港で捨てられた犬が、飼い主を探し求め1ヶ月も空港内を歩き回った末、誰も迎えに来ないと理解し、重度のうつ状態に陥り、食事を拒否して亡くなった。
見捨てられた犬の悲しい歴史について、コロンビアのメディア「NoticiasRCN」が語った。

コロンビア・ブカラマンガ近郊のパロネグロ国際空港でこの出来事は起きた。
目撃者の証言によると、空港で10月に捨てられた犬は数週間、飼い主を探し回っていた。
空港の職員は犬を、スペイン語で雲の旅人を意味する「Nube Viajera,」と名付けた。

だが11月初旬、犬が空港に現れて1ヶ月後、犬の様子がおかしくなった。隅に隠れ、食事を拒否し始めたのだ。11月8日、空港の職員は必死になって動物医師のもとへ犬を連れていき、そこで犬は点滴チューブにつながれた。
だが、全ての努力は水の泡だった。重度のうつ状態に陥った犬は、うつから抜け出せなかったのである。

コロンビア動物・自然友人フォンドの獣医アレハンドロ・ソトモンテ・ニーノ氏が語るところ、動物は解決不可能な問題に直面してうつに陥った時、意識的に死につながる行為を取ることがある。

https://jp.sputniknews.com/life/201711184289093/

管理人
ネットの反応
名無し
うわぁ、切ないな…
名無し
こういう話ほんと普通に無理…
名無し
飼い主も同じ目にあいますように
名無し
捨てた飼い主にはそれなりの不幸が訪れるだろう
名無し
寂しいと死ぬ
名無し
単純に悲しい。。。
なんだろうな、ニュースで見た他人が死んでも1mmもなんとも思わんのに
名無し
(∪;ω;)わんわんお!
名無し
この手のニュースには涙腺弱いのと
画像は死んでも開かない
名無し
その点ハチ公は毎日駅前で餌をもらい図太く生きてたよね

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


3 件のコメント

  • 元の飼い主は、どっかに亡命だか引越しするついでに捨ててったのか?
    どれだけ文化圏が違ったって、普通わざわざ空港にはペット捨てないと思うんだが

  • ハチ公は空港の犬が一ヶ月で悟ったことを頭悪くて悟ることが出来なかったからこそ生き抜いたんだろうな。

  • ハチ公は捨てられたわけじゃないだろ!いいかげんにしろ!
    それだけ信頼関係を築けていたんだよ…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)