「自民圧勝」の理由は?「ネットで自称リベラルは嫌われている」日本国民からみれば「自称リベラルの敗北」~ネットの反応「非常に正しい分析」「自称リベラルは自民党を英語で書くことができないからな」


安倍総理の就任以降、「ネトウヨ」という言葉が頻繁に使われるようになりました。自民党に批判的な意見に対して攻撃的なネトウヨへの非難の声も聞かれますが、無料メルマガ『マスコミでは言えないこと』の著者でITジャーナリストの宮脇睦(みやわき・あつし)さんによると、「自称リベラル」の方がネット上で大暴れしている、とのこと。批判的な意見を全否定し攻撃するという彼らの実態とは…?

リベラルの自滅を呼び寄せた「ネトウヨ」

中略

匿名のネット民だけではなく、著名人、有識者においても「ネトウヨ=バカ」と様式美を崩しません。いや、思考停止しているのでしょう。

言論の多様性などそこにありません。対立意見への寛容性も、都合の悪い指摘にたいして目をつぶると言うことをせずに攻撃してきます。反論のつもりが論拠を示さず、罵倒語だけを投げつけます。

これで世界標準におけるリベラルである日本人の支持者が拡がるわけがありません。

対するネトウヨはといえば、かつてほどの罵倒語、中傷はなりをひそめました。全廃には至っていませんが、これも多様な言論の副作用で、むしろ完全排除すべきではないと考えます。

そして右派、保守派は賛意や批判、具体性を持って主張する傾向を確認します。とりわけ保守とは、可能な限り伝統や習慣を残そうとするので、その為に常に現実と対峙しているので、事実や具体性を添えて話す傾向が強いのです。保守とは頑迷な権威主義や、狂信的伝統派ではありません。

もちろん、そのすべてが正しい主張ではなく、トンチキな声も少なくありませんが、具体例があることで、それをみたネット民に考える材料を与えます。

安倍政権の熱狂的支持者のなかには「信者」と呼べる人もいて、彼らは株価や有効求人倍率に、外交の成果などをあげて「マンセー」と褒めそやします。確かに株価は上がり、アルバイトの時給は上がっています。

しかし、これを贔屓の引き倒しと思うネット民なら、それでも安倍政権を批判するでしょうし、一方でマスコミの「安倍一強」への批判を漠然と信じていた人が「そうだよね。安倍さん、なかなか良くやっているよね」と思うこともあるでしょう。

この繰り返しで「議論が深まる」のです。

もちろん、左派やリベラルのなかにも、具体例を挙げて批判する人もいれば、現状を踏まえた上で是々非々の批判をする識者もいますが、ネット言論を渉猟する限り少数派であり、また、ネット界隈で声の大きな人=フォロワーが多く、拡散される自称リベラルは、感情と妄想と印象を論拠とし、なにより言葉が汚い。

善良なる日本人なら眉根を寄せる汚い罵倒と中傷が、なぜか多様性と寛容を大切とする「リベラル」から拡散されています。

その場の勢いで言葉が過ぎることはあるでしょうが、「リベラル」のシンパや信者は間違いを指摘されても、論点をずらし攻撃を止めず、謝ること、諦めることをしません。繰り返しになりますが、その入口が「罵倒」です。

匿名とは言え、見ず知らずのアカウントに、突然、論拠も示さず「バカ」と呼ばれて良い気分になるものはいません。

彼らはバカと呼ぶことで「勝った」つもりでいるのでしょうし、各所で同じことを繰り返しているので、ひとつひとつを覚えていないのかもしれません。

しかし、バカと呼ばれた側は覚えています。そして本来的には中立で、是々非々だった日本人的リベラルのネット民が「反リベラル」となっていくことは否めません。

ネットはこうした言葉をすべて保存しています。累積された罵詈雑言は、そのままストックされ、繰り返し拡散されていきます。そして自称リベラルと、そのシンパと信者の居場所が小さくなるのは当然と言えるでしょう。それを「自滅」と言います。

ここまでは「ネット」の話。ながら、マスコミと政界も同様です。

安倍のバーカ、自民党のハゲ…は言ってないか…、いずれにせよ、安倍首相、自民党の全否定から入ります。

安保法制によせテロ等準備罪、そして憲法改正などその最たるもの。

「安倍政権での改憲はしない、させない、許さない」

と、どこかで聞いたことのある「3ない運動」のような全否定の振る舞いは、議論の場である国会でも、多様な情報を提供するマスコミにもっとも相応しくなく、また多様性を重んじ、寛容を大人の所作と考える「日本人」が違和感を覚えるのは当然です。

そして民意は自民党を選びました。それは確かに自民党からみれば「敵失」ですが、日本国民からみれば「自称リベラルの敗北」に過ぎません。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171025-61704102-magmag

管理人
ネットの反応
名無し
“自称”としている点で実に的を射ているな。 自称リベラルは自民党を英語で書くことができないからな。
管理人
自由民主党 英語: Liberal Democratic Party
名無し
日本の自称リベラルって、寛容さの欠片もない、狭量で視野の狭い連中ばっかりだからね
名無し
非常に正しい分析
名無し
日本の自称リベラルの正体は単なる共産主義者
名無し
違うな、反日で、日本敗北願望主義者。わかりやすく言うと、わら人形に日本と書いて五寸釘を打っている基地街だ。
名無し
だよな
共産党やその支持者達が「リベラル」を僭称するのは、世界広しと言えども日本の左翼だけの異常な傾向
名無し
アナーキストのほうが近いと思う
名無し
リベラル以外の言い方無いものかね
ピタッと当てはまる言葉
名無し
普通に左翼でいいと思うよ
池上の言う通りリベラルとは、左翼と呼ばれたくない人たちの自称

名無し
リベラルって、ネットで、自民党支持者に低所得者って、暴言吐きまくってる人の事でしょ? いわゆるパヨクの事だよね?
名無し
本来はそういう意味はないけど、そういう人たちがリベラルを自称するから、そういう意味が暗に付加されるようになった。
名無し
リベラルを自称する連中がその行動のせいでリベラルという言葉の評判を落としまくり、枝野が保守を自称するようになる始末。
名無し
自称リベラルは中国、北朝鮮の傀儡。
革マル派、赤軍派、中核派、社学同
名無し
自分の意に沿わない者を糾弾する人達が、「私はリベラル」などと詐称しているだけです。
名無し
自称リベラルが自分と意見を異にする人間を排除しようとするファシストでしかない件
名無し
ほんとこれ
左翼デモとかまじで恐い
威嚇、恫喝、暴力行使
名無し
自由で寛容なリベラルじゃなくて独裁共産左翼だもの
名無し
「自称リベラルの敗北」wwwwwwwwwwwwwwwww
名無し
正論すぎて左翼息してないな
名無し
リベラルがリアルで好かれてるなら選挙で圧勝ですね
名無し
自民党というリベラルが圧勝しましたが・・・。 自称リベラルは民主主義に虐殺されましたけど。

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


11 件のコメント

  • 朝鮮系棄民が作った言葉だからネトウヨは朝鮮語なんですよキムチとかと一緒
    使ってるやつらはボートピープルの末裔だから罰を与えた後日本から追い出さないとね

  • それと「市民」という言葉を使うのやめろや。一般市民が大迷惑!!おまエラには「人民」という言葉があるだろw

  • ネトウヨは、もともと韓国のネット空間で生まれた言葉。
    韓国ではネット上の言論が非常に均質的で、第二の世論のような社会的影響力を持っていたため、
    ネット上で発言する人達を「ネチズン(ネットと市民Citizenの合成語)」と呼んでいた。

    その頃、韓国に出来た日韓翻訳掲示板Naverに日本人が出入りし、従軍慰安婦、日韓併合、竹島、漢江の奇跡等、
    日韓で大きく理解が異なる件について、ソース付きで韓国側を論破し続ける状態が続き、
    韓国ネット空間では、それら日本人や同調する韓国人に対して、侮蔑する意味で「ネトウヨ」と呼ぶようになり、
    以後、「ネトウヨ」は、韓国にとって都合の悪いことを言う人の総称となった。
    ネトウヨという単語は2chを通じて日本にも広がったが、
    この単語を左翼側や自称リベラル勢が字面で勝手に解釈して、
    「ネット上にいる右翼的発言をする人」と拡大解釈し、議論負けすると「ネトウヨ」のレッテルを貼るようになる。
    その後マスコミは紋切り型のネット批判に都合のいい単語として「ネトウヨ」を使い始め、
    「自民党や麻生や安倍を擁護する人達はネトウヨ」「ネトウヨは低所得な社会不適合者」
    という使い方をするようになった。

    しかし民主党政権の誕生と崩壊、安倍政権の誕生を経て、ネット上の言論は、
    事実や現実、論拠や根拠を重視する人達が主流を占めるようになってきた。
    言うなればネトウヨが主流化してしまったと言える。

    • なるほど、ネトウヨってチョンが考えた言葉だったのは知ってたけど、都合が悪い場合に決めつけるための言葉だったのか
      「釣れた釣れた」と同じような言葉なんだね

  • 自称リベラルの連中がどんどん日本語をダメにしていく。忖度にしろマニフェストにしろ本当の意味が歪められて拡散される

  • >対するネトウヨはといえば、かつてほどの罵倒語、中傷はなりをひそめました。
    今にして思えば、昭和の時代からず~っとパヨク共が偽装してる「街宣右翼」と同じで
    品格・品位を貶める為に工作員が「ネトウヨ」と名乗ってそういう活動してただけに思えるけどな
    そもそも「ネトウヨ」なんてもの自体が存在しないし

  • 確かに右側にもえげつない誹謗中傷する人いるし、ここにも隙あらば隣国全否定な極端な人いる。
    ただ一方で冷静にソースをきちんと提示して感情論ではない理性的な批判をしている人も多い。
    自称リベラルはどっちもネトウヨ呼ばわりだけど。
    で、自称リベラルは圧倒的に暴言の方が多いよ。
    隙あらば下劣な言葉で安倍さんや支持者を侮辱してるんだから支持広がるわけない。
    知識人著名人が率先して安倍さんの難病を揶揄して開き直ってたのがいい例。
    在特会の酷い暴言で支持者が増えるわけないのと同じ構図。
    こういうのはおそらくブスにブス、デブにデブ、ハゲにハゲと言って何が悪いの事実だからいいだろって感覚だよね。
    左右どちらにも言えるけど暴言を吐いてる自覚がないのは人としてかなりヤバイ。

  • 本質的に見て日本にリベラルはいない
    いるのはただの共産主義者であって愛国左翼的なリベラルではない。
    そもそも、左派リベラルは革新のために憲法をしょっちゅう改定する連中である。
    『護憲』なんて言ってるのは本来ゴリゴリの保守的思考
    要は中国共産党よろしく大雑把でご都合主義のデタラメな連中って事ですな。
    今回の選挙公約見ても一目瞭然、スッカラカン、行動も場当たり的で目も当てられない。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)