山尾議員と不倫疑惑の倉持弁護士、ネット上で謝罪文を公開 山尾氏釈明会見と内容構成がほぼ同じ~ネットの反応「擦り合わせをしたのは文章だけじゃないはずw」


山尾議員とダブル不倫疑惑の弁護士、ネット上で謝罪文を公開
スポーツ報知:2017年9月8日12時14分
http://www.hochi.co.jp/topics/20170908-OHT1T50115.html

「週刊文春」で“ダブル不倫疑惑”が報じられ、7日夜に民進党を離党した山尾志桜里元政調会長(43)のお相手で弁護士の倉持麟太郎氏(34)が、同日夜にインターネット上で謝罪文を公開していたことが分かった。

謝罪文が掲載されているのは、漫画家・小林よしのり氏(64)が主宰する討論イベント「ゴー宣道場」の公式ホームページ「ゴー宣ネット道場」。
憲法問題にも詳しい倉持氏は小林氏と交流があり、同イベントで「師範」の名前で講師として参加している。

倉持氏は同ホームページ内の自身のブログを「本日発売の週刊誌について」とのタイトルで、山尾氏の会見後に更新。
山尾氏が話した内容と構成までほぼ同じ記述で、騒動について謝罪すると同時に、あくまで山尾氏とは一議員と政策ブレーンとしての関係であり、「男女関係はありません」と否定した。

一方、「山尾志桜里を総理にする会」の代表を自称する小林氏は、8日のブログで「山尾志桜里氏も、倉持麟太郎氏も守る」と宣言。
理由については「不倫と『個人の能力』を秤(はかり)にかけたら、『個人の能力』をとる」とし、倉持氏が10月8日に開催するイベントでも「師範」として出席し、講演を行う予定とすると同時に「存分にその能力を発揮してもらいたい」とつづっている。

▼関連サイト
ゴー宣ネット道場
倉持麟太郎の“Rin”sanity
2017/09/07
本日発売の週刊誌について
https://www.gosen-dojo.com/index.php?page_id=1503

山尾議員が会見ノーカット

山尾議員の会見文字起こしと倉持弁護士の釈明文比較
赤字が山尾氏、青字が倉持氏

本日発売の週刊誌報道に端を発し、国民の皆様、愛知7区地元有権者の皆様、ともに闘ってきた同士でもある子育てに奮闘するお母さんをはじめ応援いただいてきた皆様、同僚議員、自治体議員、民進党の党員・サポーターの皆様に、大変なご迷惑をおかけする事態になってしまいました。

本当に申し訳ありません。

本日発売の週刊誌報道に際し、依頼者の皆様、顧問先会社の皆様、日頃より若輩の私をご指導いただいております皆様をはじめ、多くの方々に多大なご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。

この週刊誌に記載のある倉持弁護士には、憲法問題や共謀罪、雇用問題など極めて幅広い政策分野において、政策ブレーンとして、具体的な政策の立案・起案作業や質問・スピーチ・原稿などの作成作業をお手伝いいただいてきました。

こうした政策立案や質問作成などの打ち合わせと具体的な作業のため、倉持弁護士とは頻繁にコミュニケーションをとってまいりましたし、こうした打ち合わせや作業は、二人の場合もそれ以上の複数人である場合もありました。打ち合わせ場所については、双方の事務所や会食の席上である場合が相当多数回ありますが、同弁護士のご自宅の場合もありました。

また、本件記事記載のホテルについては、私一人で宿泊をいたしました。

倉持弁護士と男女の関係はありません。

しかし、誤解を生じさせるような行動でさまざまな方々にご迷惑をおかけしましたこと、深く反省しおわび申し上げます。

私は、本件記事に記載の山尾志桜里議員に対して、予算委員会、法務委員会等各種委員会及び憲法審査会等において、憲法問題を中心に共謀罪(改正組織犯罪処罰法)、雇用・労働問題等々で、極めて幅広い政策分野において、政策ブレーンとして具体的な政策の立案・起案作業及び質問や法案等作成作業をかなり詳細にサポートさせていただいておりました。

上記政策立案及び質問作成等の打ち合わせ及び作業のため、日常的に山尾志桜里議員と頻繁なコミュニケーション及び連携をしており、当該作業や打ち合わせは山尾志桜里議員と1対1の場合も、他の外部有識者を加えた複数名のものもございました。

場所は、私の事務所や山尾志桜里議員の会館事務所その他会食を交えながら等という形態が常態的であり、私の自宅で作業や打ち合わせを行う場合もありました。これらの作業や打ち合わせは、深夜に及ぶこともございました。

山尾志桜里議員との間に男女関係はありませんが、結果的に誤解を生じさせるような状況があったことについて、深く反省しております。

また、とりわけ前原・民進党新代表には、新しい執行部を立ち上げるタイミングで、多大なご迷惑をおかけすることになったこと、先日の党大会で、党再生のために結束を誓い合った仲間の皆様の思いに、水を差す形になってしまったことに、心からおわび申し上げます。

あわせて、本件で多大なる迷惑をかけた妻、子及び家族に対して心からの謝罪をしたいと思っております。

管理人
ネットの反応
名無し
擦り合わせたのは文章だけじゃないはず
名無し
不倫してない証拠を見せて欲しい
名無し
もう小細工するのはあきらめて、辞めるべき人が辞めればいいのに。小手先では誤魔化せないみたいだよw
名無し
内容が違う方がおかしいだろ
名無し
疑惑は疑われたほうが証拠を出して説明責任を果たさなければいけないんじゃなかったっけ?w
疑惑はさらに深まったなw
名無し
辻褄が合わない離党した時点で、国民は全て察してるから
不誠実で国民を小馬鹿にした下らない文章など読む価値などない
名無し
さすが離婚問題に詳しい弁護士
齟齬があってはいけない
今回はどこで打ち合わせをしたのかな
名無し
口裏合わせがバレバレじゃないか! いかにも、秀才君がやらかしそうなチョンボだな
名無し
こんなこと言ってても、この弁護士が今後離婚したらやっぱりなってなるだろ

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


3 件のコメント

  • >「山尾志桜里氏も、倉持麟太郎氏も守る」と宣言。
    >10月8日に開催するイベントでも「師範」として出席し、講演を行う予定とすると同時に「存分にその能力を発揮してもらいたい」
    パチノリのキチ○イっぷりに拍車がかかってきたwwwww

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)