北ミサイル迎撃 レーザーで照射し破壊する新システムの開発を検討~ネットの反応「これ人工衛星に装備して常備日本上空に、配備しとけ!」「普通に核兵器でいいだろ」


レーザーでミサイル迎撃、発射直後に照射し破壊
2017年09月03日 07時13分

 北朝鮮による核・ミサイル開発の進展を受け、政府が弾道ミサイル迎撃のための新システムの開発を検討していることがわかった。

 高出力レーザーを発射直後の弾道ミサイルに照射し、無力化・破壊する。北朝鮮が現在の装備では迎撃が難しい「ロフテッド軌道」での発射を繰り返しているため、新技術で対応する方針だ。
 開発を目指すのは、弾道ミサイルが発射された直後の「ブースト段階」と呼ばれる時点で、航空機や艦船などから高出力レーザーを照射し、熱によってミサイルを変形させる技術。迎撃ミサイルに比べて安価で、実現すればロフテッド軌道だけでなく、多数の弾道ミサイル発射にも対処が可能になる。
 防衛省は2018年度概算要求に、迫撃砲弾や小型無人機などを迎撃対象とする、高出力レーザーシステムの研究費として、87億円を計上した。
(ここまで350文字 / 残り642文字)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170902-OYT1T50134.html?from=ytop_top


 

ネットの反応

 

「北朝鮮の人々に被害が出る、敵地攻撃に他ならないとパヨクが騒ぎ出すぞ」

「最初からこれを開発しろや」

「さて、パヨクがどう反対するかな」

「反射衛星を配備しないと」

「ICBMに完璧に対応するにはレーザーしか無いからな。 仮に実用化出来れば事実上ICBMは驚異じゃ無くなる」

「普通に核兵器でいいだろ」

「船からじゃなくてさぁ、こっそりレーザー乗っけた衛星打ち上げてほしいな。最強じゃん」

「ミサイルを打ち落とすんじゃなくてミサイルを変形させて減速、軌道変更させる装置な。発射直後に照射しないと効果ないだろうな。これが武器とか言ってる奴は日本語わかってない」

「これ人工衛星に装備して常備日本上空に、配備しとけ!」

「とりあえず額が1桁足りないわ」

「元凶断たないと・・・」

「仮にレーザービームが開発されたとしてだ、問題は射程だろ日本海から本気で上昇中のICBMに届くのかよwwwww」

「実用化に何十年かかるんだよ」

「北朝鮮上空の大気圏外に機雷だのゴミをばらまいとけよ」

「ミサイルの運転手にレーザーポインターを照射する簡単なお仕事です」

「サンデーモーニングがアップを始めました」

「問題はレーザーを当てられるほど精密な照準器が作れるのかどうかだな」

「独自な核抑止が無い日本は発射直後に衛生からレーザーか下からレーザーか、 これしかないと思ってた。しかし遅いわ」

「アメリカが挫折した奴じゃん」

「曇りの日に発射します」

「もはや念力の世界」

「核武装が先だよね。これを抑えた上で新兵器の開発に着手する。順序が逆」

 

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


4 件のコメント

  • ミサイル発射の兆候を捉えられれば、空中・洋上からのレーザー照射は迎撃ミサイルより有効でしょうし、
    衛星からの照射できればもっと有効でしょう。日本は2007年から予算付けてR&Dしていますし、
    米国はもう実戦配備しているかもしれません。

  • 遅すぎでしょ?何でもかんでも後手後手でw ノンキで平和ボケで安心安心ニダ 金ブタ🐷の高笑い聞こえるわ

  • 仮に、朝鮮半島の上空で迎撃できたとして…

    迎撃→核の汚染→北朝鮮・韓国が大打撃→両国崩壊→在日朝鮮・韓国人の帰る国が無くなる→祖国へ帰せない→日本の責任だ、未来永劫養え

    …とかなったら嫌だな

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)