ドイツ国際平和団体が「オール沖縄会議」にショーン・マクブライド平和賞を授与 非暴力の取り組みを評価~ネットの反応「あれが非暴力なら世界中みんな幸せになれるな」「お仲間同士で自画自賛」


「平和」という文言とは真反対の活動家たちが平和賞を受賞するという、噴飯ものニュースです。

ドイツの国際平和団体「国際平和ビューロー」(IPB、ベルリン)は、2017年のショーン・マクブライド平和賞を、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する政党や団体でつくる「オール沖縄会議」に授与すると決めた。IPBから連絡を受けた同会議関係者が31日明らかにした。

IPB自体は、1910年にノーベル平和賞を受賞している。

オール沖縄会議は、移設反対を掲げる翁長雄志知事の支援母体で15年12月に設立。
授賞理由に「軍事化や米軍基地に反対する非暴力の取り組み」などを挙げた。

授賞式は11月24日にスペイン・バルセロナで開催される。(共同通信)

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/135982

 


 

ネットの反応

「非暴力?」

「同系統の団体なのかな」

「暴力集団が非暴力とかメクラ?」

「暴力集団じゃん」

「モンドセレクション金賞」

「暴力反対と叫ながら殴りかかってくる連中」

「まぁまぁ、ドイツ人の価値観では殴ったりする事は暴力の内に入らないんだよ」

「いつまでこれを貼ればいいのかね 」

「米軍が表彰されたのかな?」

「なんの冗談だ」

「今年初めて笑ったわ。あれが非暴力なら世界中みんな幸せになれるな」

「ナチスレベルで暴力ってことですか」

「ついでだからドイツで全部引き取ってくれよ」

「私的検問も警察への暴言もみんな非暴力ですって」

「知れば知るほど嫌いになる国、ドイツ」

「いろんな賞があるもんですね」

「ヘイワパンチで何人も捕まってるのに」

「ドイツと組んだなプロ土人 」

「多分我那覇さんなんかが訴えに行っても無視する団体なんだろうね」

「>IPB自体は、1910年にノーベル平和賞を受賞 ←百年以上も前の平和賞って・・・・」

「お仲間同士で自画自賛」

 

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


5 件のコメント

  • アドルフアレルギーで左翼だらけになってしまって中立・公平な判断さえ
    下せない劣等国の自称「国際平和団体」が、沖縄県民不在の反日パヨク集団が掲げる
    安っぽいスローガン「オール沖縄」に平和賞を授与wwwwwww

  • ヒトラーを絶対悪とする一方、ナチス政権を選択したドイツ人を免罪するウソが嵩じたインチキ平和で何言ってんだか。
    ドイツ人に求められるのは自国民が選択した結果を直視すること。他国にオマエらの価値観を押し付けないことだ。

  • 佐藤栄作氏がノーベル平和賞を授与された理由というのが、戦闘行為抜きで領土(沖縄)を奪還したのが人類史上初だったということらしいです。
    最もこれは返還する側の理由もあったので返還が実現した側面もあるので、北方領土や竹島は困難な道に足を突っ込んでいるようにも思えます。竹島ぐらいは武力で奪還しても良いのでは。

  • どうみても暴力だろ。
    警察は何をしているのだ。
    こんな団体が表彰された?はあ~
    このビデオ、スイスに送ったら!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)