民進党代表選 きょう21日告示~ネットの反応「またサポーターとかぬかす選挙権も持って無いヤツらも投票か?」「これほどどうでもいい党首選はないな」


民進党代表選告示のニュース

■立場の違いが目立つ 前原氏「負担を」 枝野氏「反対」

民進党代表選(9月1日投開票)は21日に告示され、辞任を表明した蓮舫代表の後任を決める選挙戦に入る。支持率が低迷するなか、党の立て直しをめぐって論戦が交わされる。

告示を前に、立候補の意向を表明している前原誠司元外相(55)が消費増税を含む税制改革の必要性を強調し始めたのに対し、枝野幸男前幹事長(53)は法律で定められた2019年10月の消費税率10%への引き上げに反対を表明。両氏の消費増税に関する発言が注目を集めることになりそうだ。

前原氏は19日の神戸市での街頭演説で、教育無償化や社会保障の充実を訴え「今の政治は財源から逃げている。政治が応分の負担を求めていくべきだ」と主張した。20日の埼玉県上尾市での街頭演説では「消費税が2~3%高くなっても、安心して老後を過ごせ、教育はタダという社会を選択肢、(安倍政権への)対立軸として示したい」とさらに踏み込んだ。

一方の枝野氏は20日、国会内で記者団に「現下の経済状況や、法人税減税をやりながら大衆増税をやるのは国民の理解を得られない。反対だ」と明言。18日のBSフジの番組でも「上げるべきだというのは同感だが、上げられる状況ではない」と指摘し「増税すれば明らかに(経済に)マイナス効果(をもたらす)」と訴えた。

代表選には、井出庸生衆院議員(39)も立候補を目指し、20人の推薦人確保に向け奔走している。20日には自身のフェイスブックに「政見」を公表し、行政改革の必要性などを訴えた。【影山哲也、真野敏幸】

配信2017年8月20日 21時24分(最終更新 8月20日 23時21分)
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170821/k00/00m/010/082000c

現時点で、議員票では前原が圧倒的に優勢らしいが、地方議員票やサポーター票の投票行動でどうなるかはわからない。
しかし、もし前原が勝つようなことがあれば、民進党は分裂するのではないだろうか。
原口議員がツイートしていたが、民進党内の左派系議員から「右派は民進党から出ていけ」と声が上がったらしい。
どちらが勝っても不協和音は拡大するだろうが、前原が勝った場合のほうがそれはより大きいものなるに違いない。
ま、支持率ではもはや泡沫政党寸前の民進党。
日本の政局に大した影響はないが。。。

このニュースに関してネットの反応

 

「消費税なんか上げられるわけないだろ。 中小企業の負担をよく考えろ」

「同じ党でこんだけ政策違ったらあかんやろ」

「またサポーターとかぬかす選挙権も持って無いヤツらも投票か?」

「前原嫌いだから代表は前原になって党ごと壊滅してくれ」

「これほどどうでもいい党首選はないな」

「ゴミしかいない 誰がなっても蓮舫と変わらん」

「この基地外政党の党首候補は本当国民目線にならないのな。普通このご時世なら国防一本だろ。次落選して氏ね」

「まだ決まってなかったのかと思いきや、今からスタートかよ」

「民進党に使われる税金が無駄だから削減すべきだな」

「え?憲法は論点じゃないの?」

「まぁ共産党と組んだ時点でおわったからなこの党は」

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


3 件のコメント

  • 有権者
    (旧)党員・サポーターは国籍を問わず投票権あり
    (新)党員および投票権をもつサポーターを日本国民に限定(外国人投票権問題の解消)
    でも党首候補者は他重国籍OK?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)