朝鮮日報「極右作家 百田尚樹の『今こそ韓国に謝ろう』は、紀伊国屋書店のウェブページでは批判のレビューが多い」←そもそも紀伊国屋書店のウェブページにはレビュー欄がありません!


 

朝鮮日報が「キーーーーー百田め!」といった感じで書いているのが以下の記事。

『今こそ、韓国に謝ろう』というタイトルだけを見て「日本が謝罪する内容」と思ったあなたは、著者にまんまと釣られている。「踏みにじられた朝鮮半島」「伝統文化の破壊」といった章立ても誤解を呼ぶに十分だ。本を紹介する短い一文も誤解を招く。

「これで日韓問題は完全に解決する。楽しみながらサクサク読めて納得できる、まったく新しい『韓国大放言』」

著者の百田尚樹(61)は50歳のとき、太平洋戦争末期の特攻隊を美化した小説『永遠の0』を書いて有名になった。今では指折りの極右作家だ。性暴行事件が起こると「在日がやったんだろう」と言う人物だ。

本書の内容は「(何かを)してあげてごめんなさい」と要約できる。「自分たちが勝手に近代医療技術を朝鮮に伝えて平均寿命を伸ばしてごめんなさい」「自分たちが勝手に学校をあちこちに建てて教育してごめんなさい」「勝手にインフラを整備してごめんなさい」というように。植民主義を正当化する、典型的なパターンだ。

しかし、冷めた反応を示す日本人も多い。紀伊国屋書店のウェブページには「木に謝ろう。こんな本に使ってしまって」「こんな作家のせいで日本が駄目になる」といった声も多かった。

東京=イ・ドンフィ特派員

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/18/2017081801554.html



 

朝鮮日報の記事の中で、「しかし、冷めた反応を示す日本人も多い。紀伊国屋書店のウェブページには「木に謝ろう。こんな本に使ってしまって」「こんな作家のせいで日本が駄目になる」といった声も多かった。」と書いているが、韓国のメディアは嘘を平気で書くので、本当かな?と思って調べてみた。

なにせAmazonのレビューではこんな状態なので。


今こそ、韓国に謝ろう

朝鮮日報にしたら、このAmazonのレビューを紹介するのは癪なので、本のネット販売ではマイナーな紀伊国屋書店を使ってきたのかもしれない。

で、紀伊国屋書店のウェブページを見ると・・・
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784864105569

そんなレビューを書く欄がそもそもない!

「会員だけが閲覧できるのか?」と思い、会員登録もしてみた。

が、レビューを書く場所など同じようにどこにもない!

朝鮮日報記事内の「紀伊国屋書店のウェブページには「木に謝ろう。こんな本に使ってしまって」「こんな作家のせいで日本が駄目になる」といった声も多かった。」という文言は、おそらくこの記事を書いた記者自身が作った言葉なのだろうと確信した。

朝鮮日報記事に対してネットの反応を抜粋。

「偏見無くして、 事実か?事実じゃ無いか? が大事なんじゃないかな?」

「勝手に近代化されて怒ってるんでしょ!?韓国人は」

「まんまと釣られて悔しいのか」

「んで、反論できるのか?「それは嘘だ!」って言えるのか? 朝鮮人の言い分だと日本は半島から収奪の限り尽くしたはずなんだから書いてある内容は全くの嘘なはずだよな」

「百田先生、次のご著書は「永遠の中2病・韓国」でお願いします」

「ははは、騙されてやんの朝鮮人」

「ホントのことだから内容に関して反論してないねw 」

「けっこう効いているみたいだね。 記載内容についての具体的な反論がないということは、‥。そういうこと」

「全て事実ですがねえ 韓国人が自ら成し遂げた事って何?」

「これに限らないけど韓国記事の批判って感情的なものばかりで、事実とか証拠を示しての反論ってホント少ない」

「お前らが釣られただけだろwwww」

「インフラ整備してインフラ整備費請求しなくてすんませんでした!」

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


8 件のコメント

  • ちょいと調べてきた。
    海外店舗の紀伊國屋書店ストアには☆評価システムがある。
    これは紀伊國屋書店公式からリンクが貼られてるので簡単に見ることができる。
    ただし、全てのリンクから見てみたが、どこの海外店舗公式でも百田尚樹の当該書籍への評価は無かった。

    そして韓国にはそもそも紀伊國屋書店の支店は無かったw

  • 紀伊国屋は
    「こんな話は事実無根の捏造だ」
    「当社のイメージを著しく貶める記事だ」
    と訴えたりしないのかな?これ

  • ネットが無い時代には、こうゆう嘘を混ぜて記事を書いても、すんなり受け入れられ、既成事実化されたんだろうな。
    これ朝鮮日報の記事だが、日本の新聞も、こんな感じでしょ。
    「世界大会では、君が代が流れると席を立つ人が多い」という嘘を書き足す。
    読者は、それが事実だと信じ込み、脳内では事実化され、それが蓄積されていく。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)