健康食品の「ウコン」には薬効無しと判明…効果があるとされていた含有成分のクルクミンの効能は「プラシーボ効果」に等しい結果~ネットの反応「ウコンの力終わったwwwww」「知らない方が幸せって事あるよね」

シェアする

スレッドURL: http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485765342/

黄色い見た目が特徴的な「ターメリック」、またの名を「ウコン」は、日本では二日酔いに効くとされ、本場インドでは傷薬や虫刺され、ひいては「ガンに効く」とまで言われています。
カレーの原料としても知られるウコンは民間療法にも用いられる万能プレイヤーとして認識されているのですが、実は医学的な効能は認められていません。

A large scientific review study shows that curcumin in turmeric has no medicinal properties ? Quartz
https://qz.com/883829/a-large-scientific-review-study-shows-that-curcumin-in-turmeric-has-no-medicinal-properties/

ウコンにはさまざまな種類が存在しており、日本でもカレーの原料として広く知られるウコンは「秋ウコン」と呼ばれており、苦みが少ない特徴があります。
一方、健康食品として用いられるのは、苦みがあって黄色が強い「春ウコン」で、中に含まれているクルクミンに効果があると考えられてきました。

By Public Domain

しかし、ミネソタ大学の研究チームによる論文では、クルクミンに含まれる物質について「不安定かつ科学的に反応性が高く、体内に吸収できない化合物であるため、(薬剤の開発に役立つ)可能性は極めて少ない」とする結論を導き出しています。
薬剤の検証が行われる際には、多くの場合で特定のタンパク質に作用する能力についての検証が行われます。
そして、クルクミンの化学組成には、実際にはタンパク質に作用していないにもかかわらず、あたかも効果があったかのような結果「False Hits (偽の結果)」をもたらす効果があることが明らかになっています。

このような特性は人々にクルクミンの効果を期待させ、さらに間違った期待をもとに研究が進められるために、不要な予算が消費されることにつながります。
この結果についてミネソタ大学のマイケル・ウォルターズ博士は「クルクミンの一件は私たちに対する教訓です」とコメントしています。
このような特性を持つ物質はPANIS(pan-assay interference compounds:広範な試験法に干渉する化合物)とも呼ばれ、科学的な誤解を生む物質として注意すべきものとされているとのこと。

医学誌「Journal of Medicinal Chemistry」の共同編集長を務めるガンダ・ゲオルグ氏は、「多くの労力と資金がクルクミンの研究に浪費されてしまいました」と、クルクミンを取り巻く誤解と混乱を語っています。
しかしその結果はまだまだ十分に周知されておらず、いまでもクルクミンの効能についての論文が次々と寄せられているといいます。

最新の研究からは、クルクミンの効能は「プラシーボ効果」に等しいともいえる結果が出ているとのことですが、一方で「クルクミンの研究はまだ十分ではない」として、さらに掘り下げた調査を行うことで、
PANISであることを踏まえた理解を目指す研究も行われているとのこと。しかし前出のウォルター博士は「クルクミンの研究に投じられるリソースを、他に研究されるべき何千という化学物質の研究に投じるべきである」としています。

ミネソタ大学の研究チームによる論文は、以下のリンクから閲覧することができます。

The Essential Medicinal Chemistry of Curcumin – Journal of Medicinal Chemistry (ACS Publications)
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.jmedchem.6b00975

http://gigazine.net/news/20170130-turmeric-zero-medicinal-properties/

ネットの反応
こんなのもすべて諸説あるからどれも信憑性に欠ける

>>↑
諸説も何も吸収されないのなら内臓への薬効あるはずない

(ノ・∀・)ノ=●ウソコー!!

ウコンの力終わったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

>>↑
確かに
もう買わない。

そんな時出会ったのが万田酵素です

ロシア語で「ありがとう」だっけ

>>↑
それ、スパシーバ

>>↑
ウクライナ語でスパシーボ

なんとなくそんな気がしてた

>>↑
う! こんなことではないかと

まだウンコのほうが効くわ

プラシーボ効果w

だわな
世界一カレー食ってるインド人の寿命wwwwwwww

朝鮮人参も調べろ

シジミの味噌汁はガチで効くよ

水素水に続いてウコンまで…
もう何を信じればいいんだ

>>↑
タウリン

肝臓壊すんじゃなかったっけ?

>>↑
それはマジだな。
自家栽培の春ウコンを飲んだ友人は肝臓を痛めて翌日から3週間ぐらい入院した。30台の時。元々酒は強くて、今もかなり飲めるんだけど、ウコンは辞めた方がいいって事ある毎に言ってたな。

どうりでヘパリーゼの方が効くワケだ

リポビタンDの方が効くって。

タウリンしか信じられないな

酒飲む前にウコンの力飲むといつもより酔わないと思ってたんだが、完全に雰囲気だったのか

>>↑
俺もだ、特効薬のように効いたのに

>>↑
カフェイン入っていたらそっちの効果

ああ、プラシーボだと分かったら急に気分が悪くなってきた俺って単純すぎるw

>>↑
肝臓にはクエン酸がいいよ

ウコンの力飲んでもあんま変わらないなと思ってたんだ

そんな時出会ったのが、皇潤。

ウコンは効かないがヘパリーゼは確実に効くわ

知らない方が幸せって事あるよね

ウコンの力は飛んだとばっちりだなw
売上消えるだろう

逆に肝臓に負担かけるだけの悪玉食品へと転落ww

インド人も肝臓悪い奴が居るからな


クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ニュースブログへ