【大分】公衆トイレ 屋根裏に3年間「住む」男逮捕 「前の人もいた」と供述~ネットの反応「受け継がれる伝統」「公衆便所の屋根裏→留置所→拘置所→刑務所 徐々に住処がランクアップするな」


スレッドURL: http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492749796/

※男が住んでいた公衆トイレ

 大分県警臼杵津久見署に大分県臼杵市内の公園の公衆トイレの屋根裏に侵入したとして建造物侵入容疑で逮捕された男が「約3年前から住んでいた」「前の人もいたので(入った)」と供述していることが分かった。「約10年前に岐阜県から出てきた」といい、住まいを点々とした後に住みついたとみられる。

男は住居不定、無職の山野内孝志容疑者(54)。逮捕時は氏名不詳だった。

同署などによると、広さ約92平方メートルの屋根裏に2リットルや500ミリリットルのペットボトルが計300本以上あり、本人のものとみられる尿が入っていたという。電気ストーブやガスコンロ、衣類などもあった。屋根裏はきれいに整頓されていたという。
山野内容疑者はトイレの個室の壁などを伝い、天井の約50センチ四方の点検口から出入りしていたとみられる。

臼杵市は他の市内の公園の公衆トイレも点検したが、同様に誰かが侵入していた形跡はなかった。
今回のトイレの点検口も上れない場所に移したという。

【田畠広景】

毎日新聞2017年4月21日 10時52分(最終更新 4月21日 13時15分)
https://mainichi.jp/articles/20170421/k00/00e/040/254000c


 

ネットの反応

 

92平米って、豪邸じゃねえか!

 

>住まいを点々とした後に住みついたとみられる。

住みついたって書き方がなんかツボ

 

>電気ストーブやガスコンロ、衣類などもあった。屋根裏はきれいに整頓されていたという。

部屋っぽくなってたのか、ちょっと見てみたいな。

 

じつはまだ二階にいるのです。

 

前の住人もいたってのがすごいな
ホームレス専用物件のネットワークとかありそうだw

 

トイレに住んでるのになぜペットボトルに尿溜めるかね

 

>>↑
しかもきれいに整頓する正確だしね
謎すぎる

 

>>↑
ヒント 健康法

 

>>↑
300本やぞ!w

>>↑
簡単

出入りの回数が多いほど発見されるリスクが上がる。

 

>>↑
面倒くさいからだよ

 

公園のトイレって安全だしな

 

前の住人はどうしたんだ

 

>>↑
仕事決まったんじゃね

 

>>↑
公園のすみに埋まってる

 

盗撮で稼ごうって気にはならなかったのね

 

>>↑
アッー!

知らずにブリってた女性は今頃何を思うだろうな。

 

こいつに公衆便所の裏話を書かせろよ
ベストセラーになって映画化されるぞ

 

公衆トイレの屋根裏→留置所→拘置所→刑務所
徐々に住処がランクアップするな

 

聴いてください、「天井裏から尿を貯めて」

 

受け継がれる伝統

 

どうやって発覚したのかが気になる

 

>>↑
この時期だし花見客が見つけたかも

 

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)