G7の風景 1枚の写真がルネッサンスの絵画みたいだと話題に~ネットの反応「これ構図的に安倍首相がいい味出してる」「これは教科書に載りそう」「議長に詰め寄る日本の野党みたいやなw」

カナダ・ケベック(Quebec)州で8日から2日間の日程で開かれた主要7か国(G7)首脳会議(サミット)で撮影された5枚の公式写真は5つの違った物語を表していた。

最初に会議の様子を外部に伝えたのは、米国のサラ・サンダース(Sarah Sanders)大統領報道官が午前10時45分(日本時間午後5時45分)に公開した会議室内の写真だった。

この写真でドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は、落ち着いた様子で正面を見て、自信に満ちたたたずまいで腕を組んで椅子の背もたれに寄り掛かり、ほとんど嫌みを言っているような疑り深い態度で、懇願しているかのようにトランプ氏に向かって体を傾けている他の首脳らをはねつけるようなそぶりを見せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000018-jij_afp-int

↓ ↓

中世の絵画風
↓ ↓

ルネサンスの絵画みたいだと話題だったのでこしらえた 名画と化した迫真G7です
#G7Charlevoix

https://twitter.com/takoyakis0720/status/1005699373638959104?s=19

管理人
ネットの反応
名無し
なんか芸術的
名無し
中世の絵画みたいだな
名無し
ちょっと面白いw
名無し
これ構図的に
安倍首相がいい味出してる
名無し
補佐官なのに西村がそこそこいいポジション取ってて笑う
名無し
これは教科書に載りそう
名無し
議長に詰め寄る日本の野党みたいやなw

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ

9 件のコメント

  • G7の写真だけど、欧州VS米国の構図だ。
    メルケルが、トランプと激しく対立している感じが出ている。

    意見は、色々あるだろうが、安倍総理は、中立的な立場で冷静に振る舞っている感じがする。
    日本の将来を考えると、良いスタンスだと思う。

  • 温和そうなヒゲオヤジが、実は『悪魔の化身』であった事を、
    この写真が載った教科書におもろい落書きをしている未来の学生諸君は知る由も無い。

  • 情報見る限り、安倍首相は実際に裁定者だったみたいだな。
    机の立ち位置も含め、見た目と現実がそのままの画像だ。

    これをアホパヨは「トランプの手下」とか言ってるみたいだがw

    • >>机の立ち位置も含め、見た目と現実がそのままの画像だ。
      そりゃあ実際のG7での映像を、画像編集ソフト使って中世期の絵画調に加工した画像だからな、これw

      • え、いや、政治的、国際的立ち位置の話よ?
        机挟んで左にEU、右にトランプ、安倍首相は中立を示す位置にいる。

  •  この米朝会談直前のG7で、メルケルが、トランプに一体何を主張しているのかが、
    気になるな、彼女は、一応キリスト教民主党だからね、人道主義を唱えているんじゃ
    ないかと思うけど、世界平和に貢献的なのは、明らかにトランプ側で、その朝鮮の無
    力化は、米国だけでなく世界にとっても必須なことだ。 目先の人道主義は道を誤る。

  • トランプ大統領と安倍ちゃんとボルトンの視線の先にはフランス大統領マクロンがいるよ!
    良ーく見てみてね!
    メルケルはシカトw
    他所からの指摘だけど・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)