【竹島問題】第二次世界戦時中、米軍が使用していた「竹島をTake」と記した地図を島根県に寄託~ネットの反応「タケじゃないニダ!テイクニダ!って言いそうだなw」「来るべき国際裁判用に証拠資料として大事に保管しておきましょう」

シェアする

スレッドURL: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1487809648/

第二次大戦中、米国が竹島(島根県隠岐の島町)について「Take」と表記した地図が見つかり、島根県に寄託されていたことが22日、分かった。
当時、日本の統治下にあった朝鮮半島について、この地図では「鬱陵=Utsuryo」など元の表記を日本語読みした地名の記載が大半。竹島の呼称が一般化していたことを示す資料となりそうだ。

島根県竹島対策室によると、地図は、米国軍が戦時中の1945(昭和20)年5月に制作した布製の航空図「エスケープマップ(脱出地図)」(83センチ×78センチ)。
日本侵攻に参加するパイロットらが遭難したり撃墜されたりした際に使用するよう携帯させた。

400万分の1の縮尺で、一方の面には日本と南シナ海、もう一方の面には東シナ海が描かれ、季節ごとの風向きが異なる色で図示されている。
竹島問題の研究者が大阪府内の古書店で見つけ、島根県に寄託した。

地図では鬱陵島や済州島などは「Utsuryo」「Saishu」などと表記されているが、竹島は「Take」と記載。
竹島をめぐり、韓国政府は日本が編入する1905(明治38)年より前から「独島」と呼ばれていたと主張するが、
少なくとも1945年当時の米国側に、この島は「独島」だという認識はなかったとみられる。

戦時中の米軍地図に“動かぬ証拠”…竹島を「Take」と表記 「独島」呼称、認識されず

http://www.sankei.com/west/news/170222/wst1702220088-n1.html
http://www.sankei.com/images/news/170222/wst1702220088-p1.jpg

※拡大画像

ネットの反応

Take!

>>↑
>Take!
これって「取れ!」って促してるのかもな

タケじゃないニダ!テイクニダ!

えらい綺麗やね

韓国の反応は?

>>↑
「妄言ニダ!」

竹島じゃん(´・ω・`)

日本海を東海と呼べいうてるお国ですから
何が出てきても変わらんでしょ
来るべき国際裁判用に証拠資料として大事に保管しておきましょう

厳重に保管しろよ
燃やしに来るから

鬱陵島は韓国領土である。
竹島は、日本海に浮かぶ日本固有の領土である。
韓帝国主義が日本人を殺しながら奪った島だ。
この蛮行は、国際法違反で犯罪だ。
過去の話でなく、今でも続く韓国による侵略だ。

>>↑
その通りだな

独島なんて1960年以降に付けた名前だろ

ウリナラファンタジーなんてのは韓国以外全部の国が知ってんだよ

当時は日本に侵略されてたからそうなってるだけだ!って言いそう

島根県で保管できんの?
盗まれそうなんだけど

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ニュースブログへ