【放送法改正】読売新聞「テレビ番組の質の低下を招き、ひいては、国民の『知る権利』を阻害する懸念がある」~ネットの反応「俺たちは偉くて、視聴者はアホぐらいにしか思ってないのでしょう」

放送事業見直し 番組の劣化と信頼失墜を招く

2018年03月25日 06時00分

テレビ番組の質の低下を招き、ひいては、国民の「知る権利」を阻害する懸念がある。安倍首相が目指す放送事業見直しは、問題が多いと言わざるを得ない。

政府の規制改革推進会議が、放送法改正による放送事業の抜本的な見直し案を検討している。

テレビ・ラジオ局の放送事業者とインターネット事業者の垣根をなくし、規制や制度を一本化することなどが柱だ。自由競争によって、多様な番組を視聴者が楽しめるとしている。

放送局は、放送法1条で「公共の福祉の健全な発達を図る」ことを求められている。民放はこうした役割を担い、無料で様々な番組を提供してきた。同様の規制がなく、市場原理で動くネット事業者を同列に扱うのは無理がある。

特に問題なのは、見直し案が、「公序良俗」「政治的公平性」「正確な報道」に基づく番組編集を求めている放送法4条の撤廃を含んでいることだ。

規制が外れれば、放送とは無縁な、金儲もうけだけが目的の業者が参入し、暴力や性表現に訴える番組を粗製乱造しかねない。家庭のテレビで、子どもを含めた幅広い人々が目にする恐れがある。

一方で、コストをかけた大規模災害報道や、目や耳の不自由な人向けの「字幕・解説放送」を継続することは難しくなろう。選挙とは関係なく、政党が都合の良い番組を放送できるようになる。

外国企業による民間放送局への20%以上の出資を禁じる規定の撤廃も検討されている。まったく看過できない。

日本の世論に不当な影響を与えるため、外国政府の関連団体が放送局を買収して宣伝活動に利用する危険が生じる。国の安全保障を脅かしかねない問題だ。

フェイクニュースが世界的に広がるなか、放送への信頼を失墜させる改革に乗り出す意味があるのか。疑問は拭えない。

米国では、放送局に政治的な公平性を求めるフェアネス・ドクトリン規制が1987年に廃止された後、偏った報道が増えた。2016年の調査では、テレビ、新聞、ラジオを「信頼する」米国人は3割と、過去最低を記録した。

野田総務相が「放送局は社会的な役割を果たしてきた。4条は重要で、多くの国民が求めている」と述べたのはもっともだ。

放送文化は競争政策では育たない。政府は、国民生活に役立つ放送局のあり方について、地に足の着いた議論をすべきである。

2018年03月25日 06時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20180324-OYT1T50084.html?from=tw

関連ツイート

管理人
ネットの反応
名無し
先進国では稀有なクロスオーナーシップの下で日本テレビの大株主である読売新聞とすれば電波オークションとセットでの放送法4条2項(政治的公平)の廃止を含む放送法見直しは既得権益の喪失に繋がるという事で看過できないのでしょう。まともな放送をする放送局が残るそれだけの事なのです。
名無し
読売新聞はある程度の信頼をもって購読してきましたが、これ以上既得権益に肩入れするような偏った意見を発信するようになれば、読者としては行動を起こさなければならないと思います。
名無し
失墜するだけの信用がまだあると思ってる所が痛々しい
現実を受け入れられないオールドメディア
名無し
放送への信頼がまだあるとでも?
ほんま、エイプリルフールにはまだ早いっちゅーねんです。
名無し
どうもメディアはこの国の主権者を履き違えてます。この国は国民主権の国です。間違ってもメディアでは有りません。この国をどんな国にするかは、主権者の日本国民が決めます。国民の意志は選挙により示されたはずです。間違っても主権者は市民では有りません。
名無し
放送事業を見直すと、競争意識が出て報道内容がブラッシュアップされます。嘘を垂れ流すテレビ局は潰れます。
名無し
>規制が外れれば、放送とは無縁な、金儲もうけだけが目的の業者が参入し、・・・
規制があるから、報道とは無縁な、利権の独占だけが目的の業者が跋扈している現実。
マスゴミはこの現実を手離したくなく必死。

名無し
必死のゴミwww
名無し
信頼失墜、番組の劣化招く www
信頼なんてしてないし、劣化は既に始まっているから支持率軒並み低いんでしょ w
名無し
記事は規制撤廃で暴力番組や性的な番組が増えると心配してますが、そんな番組を親が見せますか?スポンサーがつきますか?
名無し
読売もあちら側でした…終了
名無し
俺たち偉くて、視聴者はアホぐらいにしか思ってないのでしょう。正々堂々と言論市場で戦えばいいのに。
名無し
結局は、読売も自分達の利権しか考えていないと言うことですか。
「放送(報道)しない自由を優先しているテレビを含めたメデアに「知る権利」を唱えて欲しくないですね。
名無し
これ以上の劣化はない。
名無し
番組の劣化と信用を失墜しているから、放送事業見直しです。
話を逆転させていますね。
それとも日本語が理解できないのかな?

名無し
あたかも自分が正しい事を言っているかのように世論に訴えているんですね
あまりにも自己中心的で自社の利益を損ないたくないのが見え見え
既得権益を失いたくないんですね
実際これで「その通り」と思ってしまう人がいるんでしょうが…
そんな人に正しいことを伝えていかなくちゃ
名無し
本当の意味での競争を経験した事が無いから、怖くて仕方ないんでしょうね。銀行までも自由競争になったこの時代。マスコミだけが既得権であぐらをかける時代も、もう直ぐ終わる。
名無し
3年前に帰国してきて日本のテレビが詰まらなくなったと感じた。競争が足りないんだろうと思った。放送事業もサービス業でしかない。番組は胡坐をかいていたせいで劣化しているし、ニュースはジョークになった。
名無し
番組を劣化させるかどうかはテレビ局次第、劣化されるのなら潰れろ。

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ

14 件のコメント

  • 現在のTV番組の質は、異常に低い。
    TV番組は、報道番組だと一般視聴者が直ぐに分るように出来るだけ平易に、興味を失わないように(チャンネルを途中で変えられないように)作られている。
    報道法第4条は、政治的。思想的な観点から公平・公正になるように留意されるように設けられているが、実態は、相当反日・左翼にバイアスが掛かっているのは明らか。
    これは、TV局と新聞社の資本が強く提携していることやNHK労組や民放労連など左派系労働組合の電通がTV局を事実上支配していることが強く影響している。

  • 空気を読まない新参放送局が、報道しない自由を侵害しかねない、って正直に言えよ。

  •  読売新聞って、戦後ず~っと、紙媒体の新聞でトップだったし、CIAの工作員だった正力松太郎さんが
    大きくした会社だし、日本TVも米国に10億ドル(3,600 億円)を出させて、WGIPの宣伝媒体として、
    TV放送のインフラを造って、日本のTV時代を創った戦後の既得権を造った代表的な会社だからねぇ。
    蓋然性は十分にあるんだけど、朝日や毎日の様な、ソ連に援助してもらって居た、プライドの無い会社
    とは一味違うのかと思いきや、米国製放送法の改正にそれ程抵抗を示すのは何故? だって、現状を追
    認しているダケなのにねぇ。

  • パヨちん共が常々「アベの広報紙」などと呼んでる読売新聞だが、これで明確に「反日メディア・おまエラのお仲間なんだ」と馬鹿共にも理解できた事だろう。
    保守と呼ばれる層でもまともな人達はそんな事大昔からわかってたし、今更な話ではあるんだが

  • 新聞の軽減税率に乗っかって消費税増税に賛成する新聞社やお仲間のテレビ局をプッシュする義理なんてわれわれ国民には一切ないな。
    放送法4条に賛成するのは既得権益者、もっと言えば敗戦利得者だ。コイツラの野望を是非ともぶっ潰そうではありませんか。

  • 今って何かテレビ番組で質のいい番組なんてあった?
    一つも思い浮かばないんだが。

    現状維持だから、何の問題もないと思うんだが

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)