<洗脳教育>ここまでやるか!財務省! 群馬の中学生が国家予算編成に挑戦→社会保障予算5%削る~ネットの反応「これ或る意味財務官僚による洗脳教育じゃ?」「中学生時代の出した結論のまま大人になるのだけは勘弁」

シェアする

スレッドURL: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1487378339/

国家財政編成-。官僚たちが総力を注ぎ国会議員が論戦を繰り広げる難題に17日、群馬県の中学生たちが挑んだ。

前橋財務事務所が公民教育の一環として県内で初めて実施した特別授業「財政教育プログラム」。
挑んだのは前橋市の群馬大学教育学部付属中3年の約150人。
国の借金が増え続ける中、財源をどう捻出するのか。講義の後、柔らかい頭脳を駆使し、独自の案をひねり出した。

「歳出と歳入の差がどんどん開いている」。冒頭、前橋財務事務所の松永雅博所長が平成28年度の本物の政府予算を紹介し、借金や社会保障費が増大している現状を説明。
将来を担う中学生なら、どうするか。4~5人のグループに分かれて検討が始まった。

編成では、テーマを決めた後、ガソリン税・法人税・所得税などの「歳入」と社会保障・地方交付税・公共事業などの「歳出」のやりくりを話し合った。

あるグループが編成で最重点に置いたのが「教育の充実」。歳出で社会保障費を5%減らし、その分を教育にかけた。
「これから未来を担う人にお金をかけ医療発展に貢献すれば、医療費が抑えられ、社会保障は少なくできる」と長期的視野から説明した。

歳入では「たくさん生産している会社はもっと負担を増やせる」と容赦なく法人税を増額。
ガソリン税にも目をつけ「車を使う人が減り、環境に良い」と増額を提言。車社会の群馬には少々厳しい指摘だ。

他にも「年度末に急いでやる公共工事は減らせるはずだ」「消費税を10%にしても3兆円増では、たいしたことない」などと活発に議論。電気自動車への切り替えを見据えガソリン税引き上げを求める声が複数から上がっていたのは、若者らしい発想といえそうだ。

参加した加藤昇太くん(15)は「財政に関心が持てた。(借金増大に)将来を支える僕たちが無関心ではいけないと思った。
個人的には教育重視で、そういう編成にした。未来を変えていく人を、どれだけ育てられるかが大事だと思います」と話した。

http://www.sankei.com/life/news/170217/lif1702170047-n1.html
http://www.sankei.com/images/news/170217/lif1702170047-p1.jpg

ネットの反応

これ或る意味財務官僚による洗脳教育じゃ?

めちゃめちゃ恣意的な事言ってるじゃん

結果ありきの議論なんか見せられても…ねぇ

こんにゃく関税ゼロにすんぞ

ナマポの見直しは誰もいわなかったか

机上空論

公務員の給料、人員削るという選択肢はなかったのかなw

>>↑
群大付属だからそれは無いw

ミンス→ミンチン党あたりの政策会議レベルじゃないですか
ある意味ちゅごいでちゅよw

国民に税金を使わないのが当たり前って
刷り込まれてるのは日本らしいね

確か財務省が作ったゲームが「社会保障費数割カット、あとはひたすら増税するだけで財政黒字」っていうぶっ飛んだ正解だったよな

ガキの浅知恵だな

まずは財務省を解体

興味を持つのは良いけどこの中学生時代の出した結論のまま大人になるのだけは勘弁

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ニュースブログへ