<ひとつの中国>米中電話会談、米国が台湾・蔡英文政権に事前に通知~ネットの反応「気配りの出来る大統領じゃん」「虎ノ門ニュースでとっくに知ってた」

シェアする

<ひとつの中国>米中電話会談、米国が台湾・蔡英文政権に事前に通知~ネットの反応「気配りの出来る大統領じゃん」「虎ノ門ニュースでとっくに知ってた」

【台北=田中靖人】台湾の蔡英文政権が、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席の9日の電話会談の前に、「一つの中国」に関するトランプ氏の発言の概要を米側から通知されていたことが15日、分かった。蔡政権の高官が明らかにした。

トランプ氏は電話会談で「われわれ(米国)の『一つの中国』政策」を「尊重する」と表明。これについて高官は、「完全に状況を把握し、不必要な反応はしなかった」と述べ、事前に発言を承知していたことを示唆した。

「一つの中国」に関する米国の「政策」と、中国の「原則」は内容が異なり、米国は中国の立場をそのまま受け入れてはいない。

電話会談後、中国側は米側の発言を「称賛」したが、会談を伝えた中国国営新華社通信は用語を使い分けており、習政権も実際には米中の認識の差を理解しているもようだ。

一方、蔡政権は「一つの中国」をめぐる米中の発言内容に反応しなかった。米国の立場に大きな変更がなく、台湾側に有利にもなると判断したためとみられる。事実、ティラーソン国務長官は承認時に「中国の台湾への主権を公式に承認しない」などとする1982年の「6つの保証」に自ら言及している。

蔡政権は「一つの中国原則」を受け入れていない。トランプ氏は昨年末、「一つの中国政策」に縛られない考えを表明。台湾側はこれを歓迎する一方で、交渉カードにされて米側が譲歩し、不利になる懸念も出ていた。

■「一つの中国」に関する米中の立場 中国の「一つの中国」の「原則」は、台湾当局が名乗る「中華民国」を念頭に(1)(世界に)中国は一つしかない(2)中華人民共和国政府は中国の唯一の合法政府(3)台湾は中国の領土の不可分の一部分−とする3要素からなる。
一方、米国の「政策」は1972年、78年、82年の3つの米中共同声明と、台湾との非公式関係や武器供与を定めた79年の国内法「台湾関係法」に基づく。共同声明で米国は、中華人民共和国政府を「承認」する一方、「中国は一つであり、台湾は中国の一部」の2点は、中国側の「立場を認識する」にとどめている。

http://www.sankei.com/world/news/170216/wor1702160007-n1.html

ネットの反応

気配りの出来る大統領じゃん

その内、内乱で10国位に分裂するんだろ。

中国はさっさと分割統治しないと将来に渡ってアジアの害悪となるだろうな

虎ノ門ニュースでとっくに知ってた。
まじ有能。無料なのに重要な情報ダダ漏れ(いい意味で)

ある意味トランプはぶれてない
中国が手玉に取ったかのような報道を繰り返して、それに騙されるバカあるいは判って騙されたふりをする極悪人が立ち回ってるだけ

支那チョン連合VS日米台連合 

これで行こう

シナクソざまあああああああああ

中国はひとつ、台湾はひとつ。それぞれひとつの国ってことで
両方認めルのがトランプの主張だろ。それぞれと貿易、政治交渉
していく現実路線だな。さすがビジネスマンの論理。

トランプ政権って意外とクレバーなので安心した

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ニュースブログへ

『<ひとつの中国>米中電話会談、米国が台湾・蔡英文政権に事前に通知~ネットの反応「気配りの出来る大統領じゃん」「虎ノ門ニュースでとっくに知ってた」』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/02/16(木) 20:26:02 ID:012699cc4 返信

    トランプ大統領の中での優先度が、「台湾>>>>>>>>支那」ぐらいの感じなんで安心したわw