元旦の朝日新聞社説「安倍政権は国政選挙を実に頻繁に行った」 ←フェイクニュースだったと判明w~ネットの反応「元旦からフェイクニュースとは… フェイクニュースの盟主の座は絶対に譲らないという熱い思いを感じる」


 

「安倍政権がよって立つ「時間軸」は、極めて短い」(朝日社説)だと? 朝日新聞よ!正月早々インチキ・デタラメを根拠にするな!

【朝日社説】来たるべき民主主義 より長い時間軸の政治を
https://www.asahi.com/articles/DA3S13297256.html

社説は冒頭から安倍長期政権に対して「政策を着実に積み上げてきただろうか」と批判的問いかけから始まります。
そしていいや、安倍政権は「正面から取り組んだとはいえまい」「迷走してきた感が深い」とその能力を批判します。

現在の安倍政権になって6回目の新年を迎えた。近年まれな長期政権である。
しかし、与えられた豊富な時間を大切に使い、政策を着実に積み上げてきただろうか。
正味5年の在任で、例えば、社会保障と税という痛みを伴う難題に正面から取り組んだとはいえまい。持論の憲法改正も、狙いを定める条項が次々変わり、迷走してきた感が深い。

でその原因のひとつが、安倍政権は選挙しすぎと噛み付きます、「誠に慌ただしい」と。

原因の一つは、国政選挙を実に頻繁に行ったことにある。

■場当たり的政権運営

政権を奪還した2012年12月の衆院選まで含めて数えると合計5回。ほぼ年に1回の勘定だ。3年に一度の参院選が2回あり、14年と昨年はいずれも強引な衆院解散に打って出た。
選挙に向け、政策の看板も次から次へと掛け替えてきた。
誠に慌ただしい。
長期政権にもかかわらず、なのか、長期政権を狙ったがゆえに、なのか。皮肉なことに、安倍政権がよって立つ「時間軸」は、極めて短いのである。

うーむ、つまり社説タイトル「来たるべき民主主義 より長い時間軸の政治を」とは、安倍政権への批判なのですね、
「長期政権にもかかわらず、なのか、長期政権を狙ったがゆえに、なのか。皮肉なことに、安倍政権がよって立つ「時間軸」は、極めて短い」ですと。
今回はここに着目したいのです。
正月早々安倍政権を批判している朝日新聞なのですが、安倍政権は本当に朝日新聞の指摘通り「安倍政権がよって立つ「時間軸」は、極めて短い」といわれるほど「国政選挙を実に頻繁に行った」のでしょうか?
ここは統計的科学的に事実を持って徹底検証しましょう。

もう一度朝日社説より。

政権を奪還した2012年12月の衆院選まで含めて数えると合計5回。ほぼ年に1回の勘定だ。3年に一度の参院選が2回あり、14年と昨年はいずれも強引な衆院解散に打って出た。

うーん、ここには2つの朝日新聞のインチキ、トリックが含まれています。

まず憲法で定められた「3年に一度の参院選が2回」は比較対照にすべきでありません、こんなものカウントするな、少なくとも安倍政権の「意思」に反映すべきではありません。

よって残された衆議院3回が5年の任期で戦後のほかの政権と比較して多いのか検討すべきです。

でもう一つのインチキは「政権を奪還した2012年12月の衆院選まで含めて数え」るのはでたらめでしょう、これ民主党野田政権のもとでの解散選挙じゃないですか。

そうなると純粋に安倍政権の「意思」でしかけた選挙は、任期期間5年で2回の衆議院選挙です。

さて衆議院公式サイトで戦後の衆議院選挙について一覧を確認します。

新憲法のもとでは、第24回(昭 24. 1.23)から、昨年の第48回(平 29.10.22)まで、69年(1949〜2017)で25回であります。

つまり新憲法配下の選挙は、69年に25回、これは2.76年で1回の割合です。

一方安倍政権は5年に2回、つまり2.5年に1回の割合です。

ごらんのとおり、ほぼ同じであり、少なくとも朝日の評価「実に頻繁」とか「誠に慌ただしい」とかは全く事実に基づかない印象操作、でたらめであることがわかります。

さらに今年は総選挙はまずないはずですから、今年を含めれば安倍政権は6年で2回となり、これは3年に1回の割合ですから、戦後の平均より総選挙の期間は長くなる計算になります。

(以下全文はソース元で)
http://blogos.com/article/268955/

管理人
ネットの反応
名無し
そもそも選挙の洗礼を受けない総理の交代は許さないと朝日は自民党を批判しながら、鳩山菅野田が交代しても知らん顔だし
名無し
マスコミ「ネットではフェイクニュースが蔓延している」
名無し
番組表はおろか日付けすら間違える新聞だからな
名無し
新聞 de 真実!wwwwwwwwwwwwwww
名無し
前回の解散のときに衆院選挙の間隔は平均3年もないなので短くないって散々指摘されたけど、朝新聞論的にはうちの読者はバカだから忘れてるだろうし万が一覚えててもちょっと数字いじれば換算できないだろうから問題ないっていう判断なのかな
名無し
結果論でたたくだけのお気楽フェイクペーパーだな

名無し
ソースを読めば、朝日がいかに詭弁を弄するかが良く分かる
名無し
朝日なんか読んでる奴が悪い
名無し
エビデンスwwww そんなもんねーよwwwwwww

※関連記事
「エビデンス? ねーよそんなもん」の朝日新聞・高橋純子記者「安倍政権の気持ち悪さ伝えたい」~ネットの反応「世間は朝日新聞を気持ち悪がってるのにな」「エビデンスとか論拠とか、、そこ捨てちゃうんだ。。」

名無し
フェイクニュースといえば朝日新聞
名無し
元旦からフェイクニュースとは… フェイクニュースの盟主の座は絶対に譲らないという熱い思いを感じる

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ


22 件のコメント

  • 2012年は解散総選挙したの野田政権だから、安倍政権で行った衆院選は2014年2017年の2回だよな。
    安倍政権の衆院選の間隔は、平均的間隔だよなぁ
    参院選は勝手に3年毎にあるから、合計で多く感じてるだけじゃないの?
    それとも、国政選挙5連勝してることが気に食わないから、朝日的には印象悪いだけでは?

  • 朝日の計算で行くと、
    政権を終了した2012年12月の衆院選まで含めて数えると合計3回。ほぼ年に1回の勘定だ。3年に一度の参院選が1回あり、09年はマスコミを使って強制解散、わずか3年後の12年には強引な衆院解散に打って出た。
    こうなるわけだが。

  • まあ年末危ないと国難煽っておきながら何も起こらずその国難の原因は自分自身という特大ブーメランには変わりないんですけどね

    • >国難煽っておきながら何も起こらず
        
      北の木造船がEEZ内の大和堆に400隻も押し寄せて、日本の漁船が操業することができず、やむを得ず北の貧弱な漁場に移動せざるを得ないことや、死人とドロボーを載せた工作船が何十隻も海岸に漂着し、地元の自治体が国に救援を求める事態になっており、尖閣には南海軍区の戦闘艦艇と航空機編隊が威嚇を繰り返し、韓国は「北との戦闘が始まったら、日本を攻撃する」と訳の判らないことを叫び出した今が国難ではないとでも?

    • んん?
      君は #お前が国難 って糞タグつけて中傷ツイート連投しまくって、反日思想持ちの仲間内で調子ぶっこいてた馬鹿の子かな?
      酸素が勿体無いから10分ぐらい息止めてろよ

  • 今日電車の中で高校生らしき一群が、「朝日新聞は嘘だらけ」「エセ新聞」と周囲に響く大声で喋っていた。これは春から縁起がよろしいようで。

  • >さらに今年は総選挙はまずないはずですから、今年を含めれば安倍政権は6年で2回となり、これは3年に1回の割合ですから、戦後の平均より総選挙の期間は長くなる計算になります。
    そうならない内に「平均より短い、強引な解散選挙ばかりだ!」と騒ぎたてるこのやり口、
    捏造報道をやっても一切詫びない(もしくは物凄く小さなスペースでしか
    謝罪記事は出さない)スタンスそのまんま、つまりは通常営業だろw

  • 12年→ミンス野田政権(三年以上粘って大負け)
    14年→外遊中になぜか選挙が決まる
    17年→三年目だからそろそろ選挙と散々煽って、もりかけ煽って野党分裂負け
    全部マスゴミのせいじゃん。。

  • そもそも民主党政権のときは一年で支持率ガタ落ちしてそれからゾンビ状態なのに解散総選挙絶対拒否で延命しただけじゃんよ。

  • というかそもそも衆議院の任期は4年なわけで
    政権奪取してから5年経ってるなら一度は必ず選挙してなきゃいけない
    それを考えれば2回ってのは決して多くはないよな

  • 2.5年に1回解散して民意を問うよりも、1年も経たずに国民に信を問うこともなく首相が変わっていくほうが異様でしょ

  • 朝日は難癖つけたいだけのアンチサイトと同じレベルの企業だもの
    こんなのが長年報道という権力を独占してきたら社会は良くならない

    • うんうん、そうだね。
      で、記事元のBLOGOSの木走正水(きばしりまさみず)って人にそれを言わず、ここで指摘して何になるの?

  • そもそも選挙で国民の声聞いちゃだめなの?
    今回なんかは民進党議員の正体が分かって良かったけどなぁ。
    朝日新聞は独裁政権がいいみたいね。

  • 一見民主いや空き缶政権の同窓会幹事になった枝豆さんおめでとう、反日左翼が集まって楽しそうやんけ。
    こいいらを全力で応援しらのがフェイクニュースを垂れ流す朝日新聞、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)