アメリカに入国しようとした韓国人男性、ハワイで入国できず強制送還~ネットの反応「移民とか関係なくシンプルに前科があっただけだろ」

シェアする

スレッドURL: http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1486861873/

ドナルド・トランプ大統領の反移民行政命令で物議を醸す中、アメリカに入国しようとしていた韓人(コリアン)がハワイ・ホノルル空港で明白な理由もなく、入国を拒否されて強制追放されていた事が判明した。

オーストラリアの農場で働いていたキム某さん(27歳)がニューヨークに行くために2日にホノルル空港に到着したが、4時間近い移民審査の末にアメリカ入国拒否の判定を受けて仁川(インチョン)空港に強制追放されたと駐ホノルル韓国総領事館は明らかにした。

キムさんは追放される直前まで手錠を掛けられたまま移民関連施設ではなく、重犯罪者が収容される連邦拘置所で1日を送った事が分かった。

キムさんはアメリカでの不法就労の経歴がないのに、審査の過程で空港当局の関係者が強圧的な態度で不法就労を認めるよう強要したと主張している。

キムさんは韓米間のビザ免除協定によってアメリカ入国後、最長90日間合法滞留できる『電子渡航認証システム』でニューヨークへ行く予定だったとし、空港当局に真相を求めているが具体的な回答は寄せられていない状態だとホノルル韓国総領事館は伝えた。

総領事館の関係者は、「ホノルル空港の移民審査は厳しいが、トランプ政権の反移民行政の命令後に審査が強化されて追放に繋がったのか、空港関係者個人が無理矢理キムさんを追放したのか速断する事は出来ない」と話した。

ソース:ラジオコリア(韓国語)
http://www.radiokorea.com/news/article.php?uid=251297

ホノルル空港で韓国人男性追放 米に真相究明求める

アメリカのホノルル空港で、ニューヨークに向かっていた韓国人男性が拘置所に拘禁されたうえ、強制的に韓国に送り返されていたことがわかり、ホノルルの韓国総領事館は理由の解明をアメリカ側に求めています。

ホノルルの韓国総領事館が現地時間の10日、明らかにしたところによりますと、オーストラリアを出発しホノルル経由でニューヨークに向っていた27歳の韓国人男性が今月2日、ホノルル空港で4時間にわたる移民審査を受けた末、理由も示されずに入国を拒否されました。
そしてこの男性は、手錠をかけられて凶悪犯罪者が収容される空港近くの連邦拘置所に拘禁されたうえ、翌3日、仁川(インチョン)行きの飛行機に乗せられて韓国に帰国しました。
この男性は、韓国とアメリカのビザ免除協定にもとづく、ESTA=電子旅行許可制でアメリカ行きの手続きをとり、最大90日間、アメリカに合法的に滞在できることになっていました。

しかしアメリカの税関国境保護局は、これといった理由も示さず、入国を拒否しました。このためホノルルの韓国総領事館が、税関国境保護局に問い合わせましたが、具体的な回答がない状況だということです。
総領事館は、税関国境保護局に抗議文書を送るとともに、ワシントンの韓国大使館にも連絡をとってアメリカ側に真相究明を求めています。

KBS
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_today.htm

ネットの反応

>入国を拒否されて強制追放されていた事が判明した。

追放と強制追放の違いがよくわからないんだが・・・

>>↑
「追放」は普通の追放
「強制」がつくと日本に謝罪と倍賞を要求できる

移民とか関係なくシンプルに前科があっただけだろ

ESTAって商用・観光90日だよな
就労して90日で帰りそうにないと思われたんじゃねーの

日ごろの行いが悪いからこうゆう事になるんだな。

>キムさんはアメリカでの不法就労の経歴がないのに、

この表現は、南チョンでは前科ありまくりと読みます。

>>↑
なるほど、もしかしたら日本での犯罪歴があったかも知れない表現でもあるし

>>↑
あと、短期間に何度も出入国を繰り返していると
就労していると取られることもあり得るよね。

何言ってんだ?
ビザ免除って入国者の権利じゃねえぞ?
ノービザでも入国審査はあるのに

カバンの中から組み立て式慰安婦像が出てきたんだろう。

えーと、有効期限あるってことは移民ビザ(永住権)とは別物な訳で
それで何で移民審査うけてんでしょうね(棒

原因がいくつも思いつきすぎる

移民審査って誤訳?そんなおおごとを空港なんかでやるの?

>>↑
移民=immigrant
入国審査=immigration

>オーストラリアの農場で働いていたキム某さん

めちゃ怪しいだろ

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ニュースブログへ