< #テレビが絶対に報道しないニュース >電通 高橋まつりさん以外にも過去2人が過労死、靴でビール飲み強制「社員過労死」文化は20年以上前から、東京五輪の発注停止すべき~ネットの反応「さすが朝鮮企業は違うな」

電通

< #テレビが絶対に報道しないニュース >電通 高橋まつりさん以外にも過去2人が過労死、靴でビール飲み強制「社員過労死」文化は20年以上前から、東京五輪の発注停止すべき~ネットの反応「さすが朝鮮企業は違うな」

11月7日、広告代理店最大手の電通に労働基準法違反容疑による東京労働局の強制捜査が入り、大規模な家宅捜索が行われた。
電通では1カ月に200時間近く残業していた社員もいた可能性があり、厚生労働省は今後の書類送検も視野に入れる意向だ。 

新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が昨年末に過労自死した電通では、3年前にも男性社員(当時30歳)が過労死で死亡している。 

そして、1991年8月にも、入社2年目の大嶋一郎さん(当時24歳)が長時間労働を苦に自死。2000年に最高裁判所が「過労死」と判断し、労災認定している。 

この「電通事件」は、同社の過酷な長時間労働を世に知らしめるきっかけとなった事件であるため、振り返っておきたい。 

大嶋さんの自死は、会社側から長時間労働を強いられ、うつ病に罹患した結果であるとして、大嶋さんの両親は約2億2260万円の損害賠償を請求した。
東京地方裁判所および東京高等裁判所は、ともに大嶋さんの長時間労働とうつ病、そして、うつ病と自死の因果関係を認めた。
さらに、大嶋さんの上司らによる安全配慮義務違反についても認めている。 

つまり、大嶋さんの健康状態の悪化などを認識しながら、その負担軽減措置をとらなかったという過失である。 

ただ、第一審は会社側に約1億2600万円の損害賠償の支払いを命じたが、高裁は過失相殺を行い、損害額の7割(約8910万円)に減額した。
これに対して、原告と被告の双方が上告。最高裁では、高裁の過失相殺判断を破棄して差し戻し、遺族側勝訴となった。 

高裁判断の過失相殺とは、「残業をした労働者にも責任あり」ということだが、これは最高裁で見事に否定された格好だ。 

また、裁判を通じて、終業後の部署ぐるみの飲み会や「反省会」など、法律では労働時間と認定されにくい拘束時間が多くあることも明らかになり、上司からのパワハラ体質も問題になった。
上司は、大嶋さんに対して靴に注いだビールを飲むように強要したとされている。 

●問われる電通のセクハラ体質と労働実態 

今回の高橋さんのケースも、過労自死に至る構造は1991年の電通事件とほとんど同じだ。
残業時間は自己申告とされ、サービス残業によって過少申告されており、警備員の巡回記録で長時間労働が明らかになった。
また、高橋さんに長時間労働をさせながら、「目が充血したまま出勤するな」「女子力がない」と責めるなど、電通のセクハラ企業体質も問われている。 

電通事件における高裁の過失相殺もそうだが、日本では「残業は自由意思の部分もある」とする考え方が根強い。
インターネット上にも、「残業が100時間を超えたぐらいで……」という類の書き込みは少なくない。

●電通で新人の過労自死が繰り返された背景 

ブラック企業被害対策弁護団代表を務める弁護士の佐々木亮氏は、そうした社会的風潮に対して
「亡くなった方に非難の矛先を向けるのは、想像力が乏しく非常にレベルが低い」と厳しく批判する。 

「3カ月連続して残業月100時間を超えた場合の精神疾患(および、それを原因とする自死)との間の因果関係は、医学的見地や経験則などから導かれた合理的なものだ。
自分はもっと働いているからといって、同じことを他人ができるわけではない。 

新人の場合、仕事は遅いだろうし、それでもクライアントの無理な要望もあるだろう。中途入社や経験者であれば、
自分のキャパシティを知っているから体の異変を感じたら残業を断ったり休んだりできる者もいるだろうが、新人は自分の耐性自体がわからない。 

どこかで上司が業務量を減らさないと、事件は起きる。そういう意味では、電通事件から20年以上たって高橋さんの事件が起きたのも、決して偶然ではない」(佐々木氏) 

新人の過重労働については、上司はもちろん幹部も知らないはずがない。それは、自分がたどってきた道だからだ。 

たとえば、電通の石井直社長は大学卒業後の73年4月に入社しており、営業局長や常務執行役員国際本部副本部長を経て社長に就任している。
若い頃はさぞかしハードワーカーだっただろうと容易に想像できるが、結局、企業の中ではそういうことを乗り越えてきた人間が幹部や管理職になっているため、
過労で「死にたい」と思う人の心の痛みは、どこまでいっても理解できないのかもしれない。 

●法違反や過労死の企業は社名を公表すべき 

とはいえ、現在の労働法制や社会の仕組みを、このままにしておいていいわけがない。では、どのように変えるのが有効なのだろうか。 

佐々木氏は、まず「労働時間の上限を決めればいい」と語る。これは、とてもシンプルだ。
次に佐々木氏が提案するのは、「勤務間インターバル」の創設。これは、終業時刻から次の始業時刻までの一定時間、休息を取らせることを義務づけるものだ。 

たとえば、3時間残業したら翌日は出勤を3時間遅くするという具合だ。日本では、どんなに夜遅くまで残業しても、翌日は定時出社を求められる。
それでは睡眠不足になりやすく、睡眠不足は体の疲れがとれないばかりか、うつ病に罹患しやすくもなる。
勤務間インターバルは日本ではまだなじみがないが、ヨーロッパでは導入例がある制度だ。 

ただ、どんな制度をとり入れても、電通のように申告する労働時間でインチキをしていたら効果はまったくない。
そこで、違反をした企業には強力な制裁が必要だ。佐々木氏は、「法違反をしたり、社員が過労死認定されたりした企業は、その社名を公表すべきだ」と言う。 

「今回の高橋さんの件は、遺族側が記者会見を行ったのでメディアが取り上げて、社会的に大きな問題となりました。
しかし、ただ労災認定されただけでは、一般の人はその企業のことを知ることはありません。 

企業名を公表すれば、就職活動をする学生にとっては企業選定にも役立ちます。
なお、企業の汚名返上の措置として、法違反是正への取り組みや過労死防止策を報告させ、公表すれば公平性が保たれます」(同) 

しかしながら、NPO法人が過労死企業の企業名を公表するよう情報開示請求したところ国が不開示としたため、裁判で争われたことがあった。
2012年の大阪高等裁判所では、「不開示は適法」との原告敗訴の判決が出ている。経済団体の反発は予想されるところだが、国もまた情報開示に後ろ向きである。

2016年11月09日 06時01分 ビジネスジャーナル
https://news.nifty.com/article/item/neta/12111-28582/

ネットの反応

http://itest.2ch.net/daily/test/read.cgi/newsplus/1478683861

博報堂大歓喜wwwwwwwwwww

残業だけが原因じゃないことは明らか
パワハラした上司は責任取ったの?

オリンピック?
こいつらが?
ふざけんなボケが

もうトランプで誰も覚えてないぞ

韓国の徴兵虐待にそっくりだな
在日に支配されてるだけあって

何か全然本当のヤバイ部分にふれてない
どうでもいいことばかりの記事
もっとあくどいこと沢山してるのに
これだと少しやんちゃな企業程度で済んでしまうだろ
もっと本丸に切り込めよ!!!!

オリンピックの裏金問題も綺麗に消えたな

極悪・非道・巨悪の帝国

おっさんの靴にビール入れて飲むの? 

パチョンコマネーで政治家役人を黙らせ、大広告主としてマスゴミを腑抜けにして
危険極まりない民間賭博を蔓延させ、店内トイレで首つろうが、敷地で子供が蒸し焼きになろうが
全く報道情報統制をしたことを考えれば間接的には何百人も殺してきた会社だよ、潰せよ

司法や行政が動いてからようやく報道し始める日本のマスコミはヘタレだなぁ
いつものことだけど

隠蔽マスゴミが報じていれば防げた事件

もっと真剣に電通をつぶす方法をみんなに考え、教えてもらいたい。
それが、弔いになると信じている。
それを政府に実現してもらい、お化け企業を無くしてもらいたい。

潰すなら電通なんかよりNHKのほうがありがたいわ。
NHKは一般人まで実害がある。

電通のやり方 

●日本人の精神を堕落させ愚民化させろ。
●日本人の女を集中的に狙い洗脳しろ。
●「韓国人は悪くない!悪いのは韓国政府だ!」と誘導しろ。
●「反日の韓国人は少数派だ!ほとんどの韓国人は親日だ!」と強調しろ。
●在日同胞やゲイタレントに政治的意見を言わせ、御意見番化させろ。
●ゲイタレントやハーフタレントに「幼少期、日本人から いじめ・差別を受けた!」と強調させろ。
●「在日批判する者は社会の底辺だ!」とレッテル貼りしろ。
●「同性婚・LGBTを全面肯定しない者は差別主義者だ!」という雰囲気を作れ。
●海外セレブやハーフモデルをもてはやし、「日本人は劣等人種だ!」と植えつけろ。
●イケメンブームを定着化させ、「男は外見が全てだ!」と植えつけろ。
●極端なフェミニズム論者をTVのコメンテーターに起用しろ。
●地上波の韓流ドラマは絶対に止めるな。
●「韓国人男性は紳士的で逞しく美しい!日本人の男など貧弱で気持ち悪い!」とステマしろ。
●日本の少子化を促進させ、人口を減らすよう誘導しろ。
●日本人同士で恋愛・結婚させない、子供を生ませないよう誘導しろ。
●「日本人の男VS日本人の女」の対立を煽り分断しろ。
●日本人の男が、女から虐げられるCMを大量に作れ。
●日本人同士で結婚していたら離婚させる方向に仕向けろ。
●女が活躍するドラマばかり作れ。男は無能な役、笑われ役にしろ。
●「LINEに入らない奴は仲間外れ」という雰囲気を作れ。
●日本中に韓国式おじぎ「コンス」を浸透させろ。

> 靴に注いだビールを飲むように強要 

その靴、帰りにまた履くの? 頭おかしいだろ

さすが朝鮮企業は違うな

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ニュースブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする