新党結成の布石? 小池政治塾に4500人 応募者に出馬意欲アンケート~ネットの反応「問題は保守なのか、お花畑なのかだが…」「最もダメージをくらうのは民進党だねw」

images

新党結成の布石? 小池政治塾に4500人 応募者に出馬意欲アンケート~ネットの反応「問題は保守なのか、お花畑なのかだが…」「最もダメージをくらうのは民進党だねw」

30日開塾 「新党」明言避けるが「選挙ノウハウ教えます」 

 東京都の小池百合子知事の政治塾「希望の塾」が30日、開塾する。参加者は4500人超で、
改めて小池人気を示した。希望者には塾内の「選挙講座」で選挙のノウハウを教える予定で、
来夏の都議選を見据えた「小池新党」の布石との見方もある。小池氏自身は新党結成について
明言を避けているが、塾関係者は「いつでも衣替えできる体制を作る」と意気込む。 

 希望の塾は9月29日に塾生募集を始めた。全国から応募が殺到し、1000〜1500人程度とした
当初の予想を大きく上回った。開塾日は全員を会場に収容しきれないため、4回に分けて講義する。
既成政党に所属していても参加でき、現職都議や区議などもいる。職種も弁護士、医者、会社員など
幅広く、女性の参加も多いという。 

 初回の講師は、都知事選で小池氏を支援した高野之夫・豊島区長が務め、地方自治について話す予定。
第1期は来年3月まで月1回のペースで開かれ、参加者はリポートの提出が求められている。
会場に足を運べない塾生はビデオ映像での受講も可能だ。 

 注目されるのは、政治塾が新党に発展するのかどうか。小池氏は「政治を学ぼうという人の受け皿、学びの場。
これ以上でも以下でもない」と今後の動向には踏み込まない。 

 だが、塾の応募者に送られた参加通知メールには選挙への出馬意欲や出馬を希望する選挙の種類を
尋ねるアンケートが添えられている。開催予定の選挙講座についても、事務局の一人は「新党に向けた
候補者の発掘、養成のつもりでやる」と断言する。 

 衆院東京10区補選の結果が新党結成の追い風になったとの見方もある。
当初は小池氏の後継者の若狭勝氏が、民進党候補に3倍近い差をつけて圧勝するとの予測もあった。
だが投票率は2014年12月の前回衆院選(53.56%)を18.71ポイント下回る34・85%にとどまり、
得票数は2倍に届かなかった。小池氏周辺からは「若狭氏が自民党公認で立候補したことで無党派層が離れた。
世論は自民との協調を求めておらず、新党結成への流れは強まった」との声も出ている。 

 小池氏側近は「新党を作るかどうかは小池さんの判断だが、来夏の都議選には塾生を中心に候補者を出すのではないか。
一定数が当選すれば議会運営でも主導権を握れる」と話す。【円谷美晶】 

毎日新聞2016年10月28日 10時41分(最終更新 10月28日 12時13分)

http://mainichi.jp/articles/20161028/k00/00e/040/191000c

ネットの反応

http://itest.2ch.net/daily/test/read.cgi/newsplus/1477642088

維新と同じで基地外が混じるので

上西「入塾しまーす」

二階の食事会キャンセルも布石だろ

まーた維新の時みたいにゴミクズがいっぱい紛れ込むんだろ?

TVのワイドショーに与党の重鎮が出演して
怒涛のネガティブキャンペーンが始まってるね
利権側にたてつくとこうなるという見せしめがすごい怖い

これで利権ガラミの都議は一掃だろ
それくらいの勢いがある

問題は保守なのか、お花畑なのかだが…

俺も脱サラして優雅な議員生活目指すかな

【小池新党】なんて無いよ
何よりも、小池百合子本人が未だに自民党の党員なんだから

小池は都民がバックについている。 

ガンバレ!!
小池と7人衆!!

二階幹事長の昼食の誘いを7人の区議が断るのはちょっとやり過ぎじゃ…と思ったけど
考えてみたら塾開校日で、塾代表者は7人のうちの1人なんだよな。
少なくとも1人は絶対に欠席確定なわけで他のメンバーもそれに倣った。 

塾代表者が7人の1人であることも開校日であることもわかった上で
その日に昼食の誘いをぶつけてくる幹事長のほうがかなり意地悪だと思う。

その7人の除名勧告くらった区議らの小池新党入りは確実なのかよw

政治塾で過去最高数w
この規模だと当然国政選視野にしてる奴もそれなりにいるだろうから
安倍としては準備が整う前に解散したいとこじゃないかなw
自民にしても民進にしても維新ですらこういった新興勢力で削られることに凄い執念をみせる 

最終的に最もダメージをくらうのは民進党だねw

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ニュースブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする