ジャーナリスト志望の学生らが韓国訪問 京都新聞に内定している学生「ハルモニらが日本の謝罪を受け入れられない理由を知りたい」→植村隆「安倍総理がひざまずいて謝罪すれば…」~ネットの反応「>学生らを引率した植村隆… デキレースやん」


▲「ジャーナリストを志望する韓日学生フォーラム」参加のためソウルに来たミナミ・マサオミ氏.

「慰安婦問題について日本は韓国と合意したし賠償もしたが、なぜ韓国の人々はそれを受け入れられないのか気になります。それを知るために韓国にきました。」

2日午後、ソウル光化門で日本の大学生ミナミ・マサオミ氏(東洋大社会学部)に会った。ミナミ氏は日本ジャーナリスト会議(JCI)と梨花(イファ)女子大「フロンティア・ジャーナリズム・スクール」が共同主管する韓日学生交流プログラムに参加するため、他の日本の大学生23人と一緒にソウルに来た。大部分は卒業後、記者、PDなどを夢見たり、実際のメディア入社が内定したジャーナリスト予備軍だ。

今月1日、各自韓国に到着して来る5日まで4泊5日の間、ソウル市庁、ナヌムの家、ユン・ドンジュ資料館、板門店(パンムンジョム)などを訪問後、日程を終えて各自解散する。

今年、大学を卒業して<京都新聞>の記者になる予定のミナミ氏の関心は慰安婦問題だ。彼が初めて慰安婦問題に関心を持ったの2014年だ。当時、慰安婦被害ハルモニらの実態を初めて報道した元<朝日新聞>記者であり今回の訪問の引率者の植村隆氏が某大学の教授になるとすぐに日本の右翼勢力が学校を集団攻撃して彼を教授職から追い出す事件があった。「この事件を通じて初めて慰安婦問題に関する話を知り、日本が過去とても悪い事をしたんだなという気がしました。」

しかし、ミナミ氏が悩んだのはその次だった。1年後、韓国と日本政府は慰安婦合意を結び、謝罪もして賠償もしたが、韓国の人々が受け入れなかったからだ。彼は「日本としては様々な方法で何回にもかけて謝罪もし賠償もしたが、これから何回しなければならないのか、どうすれば許しを受けられるのか、と慌てた日本人が多いだろう」と率直な悩みを打ち明けた。

そのため彼が今回の旅行日程の中で最も期待するのは3日、京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)にある慰安婦被害者ハルモニらの宿舎「ナヌムの家」を訪問することだ。彼はそこでハルモニらに会って話を聞き、韓日合意の問題は何で、どんなことが真の謝罪なのか直接訊ねるつもりだと話した。

彼はこの日午前、ソウル市庁でパク・ウォンスン市長に会った席でも慰安婦問題が解決されない理由を代表として質問した。

▲パク・ウォンスンソウル市長が2日、市長室を訪問した日本大学生訪問団をむかえて慰安婦など歴史問題に対する質問に答えている。(c)ソウル市提供

これに対しパク市長は「ドイツもナチスの時、隣国に途方もない被害をもたらしたが、戦後、真の謝罪と応分の措置で確実な信頼を構築し、EUですばらしいリーダーの役割をしている」として「日本もドイツのようにすれば、すべての問題が解決され、かえって国際的リーダーシップが強化されて国連安保理理事国進出も可能だろう」と答えた。

しかし、ミナミ氏は「日本とドイツは違うと考える日本人が多いからドイツの場合をそのまま真似ることで問題が解決されるか疑問」とし、「韓国と日本に適合した解決策を模索しなければならないだろう」と判断を保留した。彼はまた、パク市長が韓国も過去、ベトナム戦で行った誤りについて謝罪と措置をしなければならないと話したことについて、「自分たちも歴史で失敗したと率直に言ったことについて、とても驚いたし感心した」と語った。

彼は「韓国という最も近い国に対するメディア報道にステレオタイプ(固定観念)が多いので、実際に行って経験してみたかった」として今回の訪問が自分の疑問を解く糸口になったら良いと話した。

「ジャーナリストを志望する韓日学生フォーラム「に参加した日本大学生らを引率したウエムラ・タカシ前朝日新聞記者は「日本は過去の過ちについて韓国に何度も謝ったのだが真正性を見せることができなかった」と話した。

▲「ジャーナリストを志望する韓日学生フォーラム」に参加した日本大学生らを引率した植村隆、元朝日新聞記者は「日本は過去の過ちについて韓国に何度も謝ったが、真正性を見せることができなかった」と話した。

今回の訪問団を引率している植村隆氏(カトリック大招聘教授)は「韓日関係が良くない状況で両国の記者がお互いを理解できる報道をするのではなく、各自の政府の立場だけ代弁しているようで残念だった」として「それで記者を志望する両国の若者たちが記者になる前に会って交流し互いに話すことが重要だ」と話した。

彼は引き続き「村山談話、河野談話などで日本は過去の過ちについて何度も韓国に謝ったのだが、真正性を見せることができなかった」として「もし安倍総理がドイツのブラント総理がしたようにひざまずいて謝罪すれば、韓国の人々も気持ちを受け入れるのではないか」と話した。

韓国特派員の経験があり韓国語が流ちょうな植村氏は去る1991年、慰安婦の惨状を初めて証言した故キム・ハクスン、ハルモニの事情を報道したが、その後、日本の右翼勢力によって「ねつ造記者」という攻撃と批判を受け、大学教授になったが、やはり右翼の攻撃のために退かなければならなかった。彼は現在、カトリック大学で「韓日交流の歴史と文化」を主題に講義している。

http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002373655

管理人
ネットの反応
名無し
馬鹿じゃねーのか
名無し
植村の捏造が招いた事だろ日本に土下座で謝罪しろ
名無し
70%以上のBBAが金貰って感謝していると聞いているが? テイタイキョウがらみのBBAが拒否して騒いでいると聞きましたが?
嘘をついては行けません
名無し
何をしようが蒸し返すよ
名無し
植村隆って元朝日新聞編集局の関係者か
納得
名無し
関係者どころか主犯ですよw
名無し
そもそも両国に無かった慰安婦問題を捏造して拗らせた張本人

名無し
植村隆ワロタww 今更相手にする日本人はおらんと思うが
名無し
>今年、大学を卒業して<京都新聞>の記者になる予定のミナミ氏
>日本大学生らを引率した植村隆、

デキレースやん

名無し
ナムルの家に行ったり、怪しいセミナーだなと思っていたら、植村センセイが指導者なんだ。 謎が解けたっていうか、予想した通りだった。
名無し
本当の理由は既に見透かされてるけどな
名無し
万が一、やったとしても、次の首相、次の次の首相にもと、永遠と土下座と謝罪・賠償を要求するであろう。 韓国とはそういう国。
名無し
植村も安倍総理に土下座して謝罪させたいのは婆さんの為でなく、自身の書いた記事を正当化させたいだけだからなぁ…

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


11 件のコメント

  • 「安倍総理がひざまづいて謝罪すれば」などとあるが、ルーピーが
    (全日本国民が全く誰も望まないのに)それを独断でやっても
    現在この関係性である事を全く無視した妄言を展開してるなーと思ったら
    アカヒ・売日・倒狂みたいな国内の反日媒体じゃなくて、現地の
    チョウセンヒトモドキ共のメディアの駄文なのか、これ。
     
    文中に「ハルモニ」とか日本人が絶対使わない気色悪い単語が出てるんで
    奇妙だなとは思ったんだが、引率者の植村某と、京都新聞の内定出てる
    出自の怪しげな学生しか登場人物が居ない事をひっくるめて納得いった。

  • >日本の謝罪を受け入れられない理由を知りたい
    >植村隆「安倍総理がひざまずいて謝罪すれば

    理由を聞いてんだから理由を答えろよ、テメー頭が間抜けか???

  • 韓国の反日、乞食政策のためもあるだろうが、
    挺協隊とかいう親北組織が慰安婦問題に絡んでいる。日韓米を反目させれば、北が利を得る。

  • マスコミ志望なのに話の矛盾や背景に疑問を持たないなんて、結局マスゴミって言われるようになるのね。

  • お金をもらって終わらせたいと思ってる人だっているのに
    こうやって政治的に利用する奴のせいでいつまでも政治活動に巻き込まれてる人もいるんだよね

  • >植村隆氏(カトリック大招聘教授)
    北海道の北星学園大学で契約更新してもらえなくて
    日本では就職できなかったかw

  • 心理学的に腕を組むポーズは「自分を大きく見せたい」あるいは「小さな自分を悟られたくない」という心理からくるものです。
    自分の考えに自信がないことの現れ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)