東アジア

【韓国/中央日報】トランプ政権のアジア政策、日本・豪州・インドとの連携を強調…韓国には言及せず~ネットの反応「韓国よ安心しろ。中国の名前も挙がっていないぞwww」

投稿日:

トランプ政権が構想中の新しいアジア政策が米国・日本・豪州・インドの4カ国の連携に重点を置いていると、米政府の元・現官僚らが明らかにした。米国のアジア政策は中国の海洋進出に対する強力な牽制戦略という点で関心を集めている。

ホワイトハウスのアジア担当選任補佐官を務めたデニス・ワイルダー・ジョージ・ワシントン大教授は27日(現地時間)、香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)のインタビューで、「米国の新しいアジア政策のキャッチフレーズは『自由で開かれたインド洋・太平洋地域』」とし「この構想は米国・日本・豪州・インドの4カ国間でかなり以前から議論されてきた」と明らかにした。

同紙はワイルダー教授を引用し、トランプ大統領が来月のアジア訪問中にこうした内容の新しいアジア政策を発表する予定だと伝えた。トランプ大統領は来月3日から14日にかけて韓国、日本、中国、フィリピン、ベトナムのアジア5カ国を訪問する。

これに先立ちアリス・ウェルズ米国務次官補代行(南・中央アジア担当)もこの日、ホワイトハウスで記者会見し、トランプ政権の新しいアジア政策を説明しながら「米国とインドは民主主義、透明性、航行の自由、経済開発などの価値を共有する国」とし「我々は日本、豪州など重要な同盟国と共にこの価値をインド洋-太平洋全域に広めなければいけない」と強調した。

続いて「米国と日本、インドはすでに定例合同海上訓練『マラバール』を毎年実施するなど生産的な3カ国協力を強化してきた。3カ国が共有する価値をみると、豪州も自然に友邦になるだろう」とし「価値を共有する4カ国間の実務級会談を近く開くことを検討中」と説明した。しかしウェルズ代行は価値を共有するアジア・太平洋の国に韓国を挙げなかった。

AP通信などは「米国が推進する4カ国協力の強化は、東・南シナ海での領有権紛争と中国のインド洋進出に対する牽制などと無関係ではない」と分析した。

2017年10月30日08時16分
http://japanese.joins.com/article/888/234888.html?servcode=A00&sectcode=A20

管理人
ネットの反応
名無し
ソース先のアンケート結果
すっきりの多さにに笑うwwww

※中央日報のコメント欄

名無し
>中国の海洋進出に対する

進出ってなんだよ 侵略だろうが!

名無し
韓国に太平洋はないじゃん?
名無し
韓国よ安心しろ。 中国の名前も挙がっていないぞ。
名無し
だって南鮮は赤組でしょう
名無し
無能な味方は有能な敵より始末に悪い
そういうことだ
名無し
韓国から北朝鮮に情報が筒抜けだしなw 実質的にレッドチーム支配下の韓国なんて無視されて当然。
名無し
コウモリの末路

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ

-東アジア
-

Copyright© アノニマスポスト , 2018 All Rights Reserved.