麻生太郎財務相「希望の党公約の『内部留保課税』は二重課税」~ネットの反応「ガソリン税に課す消費税も2重課税ですが?」「酒税と消費税も二重課税だよね?」「もうちょっと考えてから物言えよ」


希望の党公約の内部留保課税は「二重課税」 麻生太郎財務相
2017.10.6 13:12

麻生太郎財務相は6日の閣議後の記者会見で、希望の党が選挙公約に掲げた企業の内部留保への課税について、「内部留保は税金を払った後のお金で、(さらに税を課すと)二重課税になる」との認識を示した。
ただ麻生氏は、内部留保が大きく積み上がり、現預金の比率が高いことを問題視。「金利のつかない金を貯めて何をするのか。給与や設備投資に回したらどうか」と指摘した。
麻生氏は合わせて、ペンス米副大統領との日米経済対話の第2回会合を16日に米ワシントンで開催すると発表した。「国益を守りながら、経済関係をいっそう深めていけるよう建設的な議論をしたい」と語った。
経済対話は4月に東京で初会合を開催して以来となる。経済対話は4月に東京で初会合を開いて以来。11月のトランプ米大統領の来日を前に、経済分野の懸案を話し合う。
冷凍牛肉を対象に日本政府が発動した緊急輸入制限(セーフガード)も議題に上がる見通し。麻生氏は、「運用を変えるだけで、今起きている問題は避けられる」と述べ、制度改正は必要ないとの考えを示した。

http://www.sankei.com/politics/news/171006/plt1710060073-n1.html

小池百合子氏の意見

内部留保課税は実施するのか
https://thepage.jp/detail/20171006-00000013-wordleaf?page=5

(小池:) 内部留保について、でございますけれども、内部留保課税というのはこれまでもよく俎上に上ってまいりました。
ただ、いつもそこで課題になるのは二重課税ではないかという議論でございます。私はこれをあらためて内部留保課税、300兆とも400兆とも言われておりますけれども、アメリカや韓国、台湾などでもすでに行われているものでございます。
内部留保課税を日本がやると、また企業が外へ逃げてしまうのではないかという議論がございますけれども、このように海外でも行っているということと、日本でもすでに同族会社に関しては、通常の法人税に加えて内部留保課税が行われているということで、問題にはなっておりません。

また、受取配当に関します所得税との二重課税とのご批判ということであるならば、法人税と所得税との間にあるそもそもの問題ではないか。それからよくご指摘があるのは、安定財源になり得ないのではないかという議論であります、内部留保課税というのは。これは調べてみますと資本金1億円以上の企業の利益剰余金というのは、過去40年ほどさかのぼりましても、若干リーマンショック、大震災のときに下げている例がございますけれども、内部留保自体は景気によって上がったり下がったりするというものではないということが、これらのチェックで分かるわけでございます。

内部留保課税が実施されたあとに、課税を避けるためにそれを取り崩すと。そしてそれを設備投資に回すであるとか、それから企業内保育園をつくるであるとか、そういったことにより有効に活用されるというのは、まさしく内部留保課税の効果というものであって、これらが実際に設備投資に回る、株の配当に回るということは、これまでためにためられてきたお金が流動的に動くという、そのきっかけになると私どもは考えているところでございます。

それをキャピタルゲイン課税と呼ぶのか、それとも税制によってインセンティブを付けるのかというのは、工夫のしどころではないかと考えております。補足は後藤のほうからさせていただきます。

後藤:2019年の消費税10%引き上げをしないのであれば、そのタイミングでというご質問かと思いますが、この内部留保課税をどのタイミングでするのかというのは、今の段階で決めているわけではございませんが、やはり財政との関係というのは当然考えながら、検討を急いでやらないといけないと思いますし、今、代表から申し上げたように、これ、経済効果が非常に大きく出るものではないかというふうに思いますので、景気の状況も見ながら、景気対策の意味合いもあるだろうということからも、早い検討が必要ではないかと思っております。

橋下徹氏の意見

橋下徹@hashimoto_lo
これは違う。法人税はフロー課税、内部留保課税はストック課税なので二重課税ではない。ただし金融資産課税と言い換えた方がいい。
直接フロー課税からストック課税に、直接税からは経費控除を拡大した上での消費税に移行することが金を使わせる税制。


 

管理人
ネットの反応
名無し
小池さんは最初に「これを言うと二重課税という批判もありますが」って
言って予め批判例をいくつか示して説明してたよ
名無し
消費税も2重課税ですが? ガソリン税と消費税とか国民舐めてるでしょ
名無し
俺なんか嫁に給与渡して、外食行ったら俺が払う
二重課税だろ!!
名無し
つか麻生
おまえ財務のことやっててそれかよ
名無し
酒税と消費税も二重課税だよね?
名無し
では内部留保の額に応じて、法人税の税率を変更すればいいね
名無し
ハッキリ言えばこれだけなんだよね
内部保留溜め込んで社員に還元しねえ企業は税金多く払えと
名無し
ガソリンに消費税かけるの止めてから言えよ
名無し
法人税率が低いからたまるんだろ
名無し
二重課税がダメとか、嘘が論破されまくりだなw 財務官僚のしがらみで脳が硬直したようだなw
名無し
それを言い出したら自動車にかかる税金は?って話だよ麻生くん
名無し
例えばガソリンの場合はガソリンを買うという一つの行為に対しガソリン税が発生し、その税金を含む金額にさらに消費税がかかるから二重課税になる
名無し
麻生セメントに課税されるから必死だな
名無し
もうちょっと考えてから物言えよ

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


2 件のコメント

  • ガソリン税と消費税については明確に二重課税ではないと言えます
    ガソリン税は直接税と言って事業者に課税され、管理会計上この税は原価算入されてこれを上乗せしたものから値入し売価を計算します。ガソリン税以外のその他の税も製品を製造する上でかかる税金はコストとして考えられることは管理会計上当たり前の考え方なのです。消費税は売価に係る訳ですが、これを二重課税というならば、日本で製造する物は全て二重課税と言っても過言ではないくらい乱暴な理論ですねw

  • ガソリンと酒は二重課税じゃないでしょ、この記事は橋下氏の意見を採用して訂正した方が良い。ネットの意見の部分がことごとく間違い。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)