民進 前原「私は在日参政権に賛成だが希望の党の政策とは全く矛盾しない」~ネットの反応「回答の一番最初でモロに矛盾しとるやんけwww やっぱカスやなぁ〜」「ちょっとなにいってるかわかりません…日本語でお願いします」


民進 前原「私は在日参政権に賛成だが希望の党の政策とは全く矛盾しない」~ネットの反応「回答の一番最初でモロに矛盾しとるやんけwww やっぱカスやなぁ〜」「ちょっとなにいってるかわかりません…日本語でお願いします」

−−政策協定書に外国人参政権(付与への反対)がなぜ入ったのか、前原氏の従来の考えとは違うと思うが

「違いませんね。私はもともと、地方参政権について賛成の立場だ。在日の方々で、まさに日本で生まれ育って国籍の言葉もしゃべれない人もたくさんいる。そういった人については地方参政権を
認めるべきではないかという考え方は、まったく変わっていないが、他方で沖縄や長崎の離島に対して集団的に外国人が入ってきて、そして地方参政権を認めた場合にその地域が、言ってみれば支配される、あるいは行政がゆがめられる、こういった懸念は当然ながら想定しなくてはいけないということなので、そういうことを考えた場合においては、地方参政権においては慎重であるべきだということについては何ら問題ないし、今でも考え方は何ら矛盾はない」

http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/171005/plt17100516410049-n9.html

管理人
ネットの反応
名無し
ほんま都合のいいやっちゃな…
名無し
在日に参政権やったら確実に日本終わる
そこが最後のデッドライン
名無し
参政権賛成の奴はいっさい信用できない
参政権から崩されてどんどん在日の権利要求が肥大化して危険な状態になっていくからな
票を盾に議員が懐柔されてその地域だけ在日に援助しまくれなんて無茶苦茶な事になりかねん
名無し
矛盾しまくりじゃん
名無し
おまい、それ卑怯やん 明確な政策不一致があるなら合流解消せな
名無し
回答の一番最初でモロに矛盾しとるやんけwww
やっぱカスやなぁ〜
名無し
>在日の方々で、まさに日本で
>生まれ育って国籍の言葉もしゃべれない人もたくさんいる。

それでも日本国籍を取ろうとしない。
自国の国籍に固辞しているのだから、外国人として扱うべきです。

名無し
ちょっとなにいってるかわかりません…日本語でお願いします

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


9 件のコメント

  • 外国人参政権は許すべきではないのだが、一方で前ハタドルジ氏はあくまで無所属で立候補するのであり、希望の党の公認は得ていないので、協定書の内容に反していようがいまいが関係ない、ってことなんじゃねーの。ある意味この質問自体が今更の愚問だが、まぁ正体見切る発言が出てきたってのはいんじゃね。

  • 世界で調べても、外国人参政権を認めてる国のほうがレアケースなんだぜ。 EUみたいな連合国家とかですら、わりと制限有りの参政権だし、しかも国政選挙は別。 韓国どもが「我が国には外国人参政権があるのだから日本も!」と、吐かすけど、それだって地方参政権だけであって、国政選挙は認めてる居ないし、外国人参政権がある韓国のほうが、世界的に見ればおかしな国なんだよ。

  • >参政権を認めた場合にその地域が、言ってみれば支配される、あるいは行政がゆがめられる、こういった懸念は当然ながら想定しなくてはいけない
    想定してたら反対の立場一択だろw
    こいつが何を言ってるのかマジで理解できないんだが

  • 参政権が根っこの問題を解決に導くでなく、問題をより肥大化、先鋭化する向きが強いことが明白であって今や何をしたいのかと、本末転倒にも程があり残念に思う。本当の問題解消に向けて手を入れた著名な政治家は橋下氏だけだったように記憶してる。震源を理解してるし、誰がガソリンを注いでいるか、何故炎症をきたしているか、文脈も経緯も実情も把握して、しがらみなくバイアスもなく質実にどうすれば解決するのかを考えないと意味がない、だから『永住許可の解消を』という方針を取ったのだろう。起立斉唱条例も、ヘイトスピーチへの対処に関する条例も同問題に関する項目で、フェアで最適な対処、抑制の方策だった。誰が火に油を注いでいるのか、扇動する意図は何か、問題が無くなれば本当に困るのは誰か。綺麗事でも欺瞞でもないリアルな内実を広く市民が実感した際に出す結論は何なのか、日本人も在日も、そして大きく問題に関与しているメディアもよくよく考える必要がある。答えなんぞとうに出てはいるが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)