産経新聞、東京新聞・望月衣塑子記者に取材を申し込むも「応じたくない」と断られるww~ネットの反応「なにその理由」「ジャーナリストのくせに敵前逃亡wwwww」「ガースーも応じたくないと思うよ」


かつて中国の民主化運動に身を投じた評論家の石平氏(55)が、菅義偉官房長官の定例記者会見で連続質問攻撃を仕掛けている東京新聞の望月衣塑子記者をツイッターで痛烈に批判した。

石平氏は7日に以下のようなツイートを書き込んだ。

「『それでも私は権力と戦う』という東京新聞望月記者の台詞を鼻で笑った。
私は今まで、本物の独裁政権と戦った勇士を数多く見たが、彼女のやっていることは、何のリスクもない民主主義国家で意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけだ。そんなのを『権力と戦う』とは、吐き気を催すほどの自惚れだ!」

日本に留学中の1989年、祖国・中国で天安門事件が勃発し、帰国をあきらめたという石平氏にとって望月氏の「権力との戦い」はとんだ茶番に映ったようだ。

東京新聞の望月衣塑子記者を、中国民主化運動に身を投じた石平氏が痛烈批判「権力と戦うとは…彼女のやってるのは吐き気を催すうぬぼれだ!」

望月氏に対し、産経新聞WEB編集チームは8月中にインタビュー取材を東京新聞編集局を通じて申し込んだが、「応じたくないと本人が言っています」という編集局の回答のまま、実現していない。

(WEB編集チーム)
http://www.sankei.com/premium/news/170909/prm1709090030-n2.html

管理人
ネットの反応
名無し
ジャーナリストのくせに敵前逃亡wwwww
名無し
そこで逃げるようなヘタレの癖に
権力とは戦い続けるのかよw

※関連記事
東京新聞の活動家・望月イソ子を中国民主化運動に身を投じた石平氏が痛烈批判「権力と戦うとは…彼女のやってるのは吐き気を催すうぬぼれだ」~ネットの反応「たしかに中国共産党と戦うのとは天と地の差だよね」「ですわな!」

名無し
パヨク一味って相手の土俵では絶対に戦わないのを徹底しているな(笑)
名無し
今日発売の週プレで古賀と対談してたな。左翼同士で同意しあって何が楽しいのやら?
名無し
ガースーも応じたくないと思うよ
名無し
ほんこれ
名無し
ホントになw
名無し
パヨクって基本ダブスタだよねw 人にはやるが自分は嫌ww

名無し
出待ちすればいい
名無し
あの女がやってる事は安全な所から石投げてるだけだからな
名無し
打たれ弱いw
名無し
これから東京新聞に取材申し込まれたら応じたくないで断っていいんだ
名無し
万が一取材できたら同じ質問20回したれw
名無し
元中国人である石平のほうが愛国心があるっていう
望月はいったい何人なんだ?
名無し
権力と戦う!って言っても、そもそもあの場につまみ出されないで、長い事居させてもらってるんだから、権力が~ってほどでもないよね
名無し
なにその理由

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


11 件のコメント

  • ガースーが何か発表やる時には、また会見場に現れるかもしれないから
    産経の記者はそこでイソ子に直撃取材してみりゃいいんぢゃね?w
    その様子を動画で撮っておいて、産経webにうpってくれたらもう最高なんだが

  • この人よりも、この人をジャンヌダルクとか権力に立ち向かう勇気ある女性というイメージで応援するパヨパヨチーンの先生方の方がおかしいと思うわ。質疑応答の機会は時間的に限られているんだから、有意義な内容にしてもらいたいね。相手の嫌がることをすることが記者の目的じゃない。

  • 言い返せない「権力」とは戦うが、追求してくるジャーナリズムには逃亡
    とんだ「じゃんぬだるく」だな

  • サヨク パヨク ではなく『朝鮮人種』の表示を認識するべきだろう。
    日本語をしゃべっていても「責任」を考える能力が無いのだから。
    #人種区別を認識するべし

  • 何でもいいけどちょっと活躍した女性に向かってすぐに「ジャンヌダルク」と誉めそやすのはワンパターンすぎでもう少し他のたとえないのかなと。
    辻元といい蓮舫といい山尾といいこのイソ子といい…。
    それからブンヤにジャンヌダルクの褒め言葉?は違和感を感じる。
    こいつの場合、ただの官房長官会見場荒らしなだけだし。

  • 察するに、「いそこ」って名前で子どもの頃かなりのイジメを受けたんだと思われ(例えば、あそこ)
    今の的外れな権力批判の精神が形成されたのでしょうね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)