北朝鮮による拉致被害者の救出を祈念して東京都庁舎ビルを「ブルーリボン」色にライトアップ 12日まで #拉致被害者全員奪還


北朝鮮による拉致被害者の救出を祈念して東京都庁舎ビルを「ブルーリボン」色にライトアップ 12日まで #拉致被害者全員奪還

管理人
悲しいかな、日本のマスコミは意図的に大きくは扱わないだろうが、こういうニュースが当たり前のようにマスコミで流され、全国の自治体でも同様のイベントが当たり前のように行われるようになればと切に願う。

東京都のホームページより。

拉致被害者の救出を願う都庁舎ブルーリボンライトアップ等について

北朝鮮当局による拉致は、わが国の主権に対する侵害であり、重大な人権問題でもあります。
平成14年9月17日の日朝首脳会談で北朝鮮が公式に日本人の拉致を認めてから、15年が経過することに伴い、拉致被害者の救出を願う都民の気運醸成を図ることを目的として、下記のとおり都庁舎ブルーリボンライトアップ等を実施いたします。

1 都庁舎ブルーリボンライトアップ
都庁第一本庁舎を、「ブルーリボン運動」にちなんで青色にライトアップします。

(1) 実施期間
平成29年9月6日(水曜日)から同月12日(火曜日)まで

(2) ライトアップ時間
午後6時00分から午後11時00分まで

2 「ブルーリボン」のバナー(旗)掲出
「ブルーリボン」のバナー(旗)を、都庁前中央通りに掲出します。

(1) 実施期間
平成29年9月6日(水曜日)から同月12日(火曜日)まで

(2) バナー(旗)の掲出場所
都庁前中央通り

ブルーリボン運動とは

ブルーリボン運動とは、北朝鮮による拉致被害者の生存と救出を信じる意思表示として、青いリボンを着ける運動です。
リボンのブルーは、近くて遠い国である北朝鮮と祖国日本を隔てる「日本海の青」及び拉致被害者の方々とその家族を唯一結んでいる同じ空である「青い空」を、イメージしています。

なお、上記期間中に、拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓い-奪還-」を実施します。
※ 本公演の参加申込は、平成29年8月24日をもって、締め切りました。

実施日 平成29年9月7日(木曜日)
会場 板橋区立文化会館 大ホール
主催 政府拉致問題対策本部、東京都、板橋区

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/09/01/12.html

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


5 件のコメント

  • ~日まで、じゃなくて拉致被害者が帰国するまで毎日やれよ。
    アカや朝鮮が跋扈する東京でやる意義は大きいじゃないか。
    継続は力なり、だ。

  • 李信恵『拉致被害者全員奪還とは名ばかりのヘイトスピーチ活動だと思ってますが、大丈夫ですか。』

  • 国民の命が第一と訴え続ける政治家が日の目を見れない国日本。それがこの国の民意です。はたして、このブルーのライトアップにどれ程の日本人が心を痛めるのか? この拉致事件を初めて国会で取り上げた男、 
    #西村真悟 を忘れてはいけない。今こそ西村真悟を国会へ! https://www.youtube.com/watch?v=_-U07JIutU0

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)