【産経抄】執拗な東京新聞記者の質問は北朝鮮に手の内を明かせと迫っているかのようだ~ネットの反応「それが目的だろ?」「公然たるスパイ新聞社 わろたw」


連合国軍総司令部(GHQ)が70年以上前、わずか1週間で草案をつくった現行憲法の弊害は数多い。中でも「平和を愛する諸国民の公正と信義」という虚構をうたう前文は、日本人に「平和ボケ」という深刻な病をもたらした。症状の特徴は、一時的に快方に向かってもすぐぶり返すことである。

▼「拉致は遺憾なことで、率直におわびしたい」。平成14年9月、北朝鮮の金正日総書記は小泉純一郎首相との会談でこう述べ、初めて日本人拉致を公式に認めた。多くの国民が、国際社会は憲法前文が描くような牧歌的世界ではないという現実に気付いた「覚醒の瞬間」だった。

▼当時、新聞もテレビも北朝鮮の非道と無法を連日報じていた。北朝鮮工作員が自由に日朝間を往来し、ある日突然、家族や恋人を奪い去ることへの恐怖も語り合われた。だが、15年が過ぎた今では、記憶も関心も薄らいでしまった。

▼「(米国と韓国に)金正恩・朝鮮労働党委員長の要求に応えるように、冷静に対応するように政府として働きかけているか」。8月31日の菅義偉官房長官の記者会見では、東京新聞の記者からこんな質問が飛んだ。弾道ミサイルを連射しているのは、北朝鮮のほうなのに。

▼東京記者はこの時も翌1日の記者会見でも、北朝鮮の過去2回のミサイル発射時の前日に、安倍晋三首相が首相公邸に宿泊したことに関しても執拗(しつよう)に問いただしていた。「事柄の性質上、答えることは控えたい」。菅氏が何度こう回答しても同じ質問が延々と続く。

▼まるで日本政府が北朝鮮の軍事情報をどこまで把握し、どう対応しているのか、北朝鮮に手の内を明かせと迫っているかのようである。こんな平和ボケを治すには、やはり憲法改正が一番だろう。

http://www.sankei.com/column/news/170902/clm1709020003-n1.html
http://www.sankei.com/column/news/170902/clm1709020003-n2.html

 

ネットの反応

 

「かのよう、じゃなくてそうなんだろ。朝鮮学校→マスコミへの浸透ってのは普通に北朝鮮の外交戦術なんだろうし」

「東京新聞の基地外記者は金正恩の報道官」

「公然たるスパイ新聞社 わろたw」

「東京新聞自体が中国や北朝鮮のお味方だからそらそうだろ。報道の自由の名の下でスパイが堂々と官房長官に質問できるのが現状」

「それが目的だろ?」

「平和ボケじゃない。北朝鮮問題が先鋭化してメディアに巣食う極左勢力が大暴れしているところ。中共、朝鮮のための仕事」

「スパイ防止法が急務!」

「マスゴミに入社するような連中って学生時代に市民活動でもしてないと入れないのかな? やってることがプロ市民と変わらん」

「そら新聞社に中韓朝のスパイ入りまくりって事は周知の事実。第二次世界大戦時だって朝日新聞にスパイがたんまりだったろ?」

「しかし、露骨にキチガイじみたのが増えたなあ。 余程、余裕がないのかね」

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


3 件のコメント

  • マジでスパイを取り締まる法律作らないとヤバくね?
    こいつらのような連中が本当にスパイかどうかは判らないけど、
    本職のスパイに接触されたら大喜びで情報流しそうじゃん

  • 官庁で「セキュリティ対策に」と施錠される場所が増えて、反日極左マスゴミが
    今までの様に好き勝手に家捜しして重要機密の持ち出しが出来なくなったから
    会見の場を使って少しでも内容を暴いて、北にリークしようとこうして騒いでるだけでしょw

  • それは言い過ぎでしょ(^з^)-☆長谷川さんを降格さすたバカとさとーけーとウソコ三匹をもって工作員とは 如何にゆーても言い過ぎじゃわ
    んでめぶち頃したいのは一緒ですう

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)