< #テレビが絶対に報道しないニュース >中国製スマートフォンが危険 個人情報を盗むスパイウェアを装着 Amazonも取り扱い停止に~ネットの反応「こんなの前から言われてんだろw 」「中華スマホを買う奴の個人情報に価値があるとも思えないが」


 格安スマートフォンから個人情報がダダ漏れしている。米国で発売される複数機種のスマートフォンに、ユーザーの個人情報を許可なく中国のサーバーに送信するスパイウェアが組まれていることが、米モバイルセキュリティ会社Kryptowire昨年11月の調査で分かった。

問題のソフトウェアを開発した上海広昇信息技術(Adups Technology)が「うっかりミス」と釈明し、指摘されたBLU R1 HD 、Blu Life OneX2の二機種から同ソフトウェアを削除した。

最近Kryptowire社は、米で発売中のほかの3機種以上のスマートフォンにも同社が「同じうっかりミスを繰り返し」、バージョンアップするなど手口はより巧妙になった、と新たに発表した。

Kryptowire社は「うっかりミスではなく、故意に設けられた機能だ」と指摘し、同スパイウェアは100ドル以内の低価格スマートフォンに組まれる傾向が強いとしている。

米メーカーのBLU Productsは昨年、Kryptowire社が発表した直後、自社の6機種のスマートフォン「R1 HD、Energy X Plus 2、Studio Touch、Advance 4.0 L2、Neo XL、Energy Diamond」の計12万台に、同スパイウェアがインストールされたと公表。

上海広昇信息技術から「中国国内端末専用のソフトを、誤って国外販売の端末に装着してしまった」との釈明を受けたという。

米当局は当時、中国政府が監視目的で導入したかどうかはまだ断定できないと態度を保留にしていた。

上海広昇信息技術が開発したソフトウェアは、ZTE(中興通訊)やHuawei(華為)などの中国大手メーカー、国内外の携帯電話会社・半導体メーカーなどに広く採用され、各種の情報機器(ウェアラブル端末)やモバイル端末、自動車、テレビなどに使われている。

海外メディアの取材に対し、HuaweiとZTEはこの件に関するコメントを断った。

ニューヨークタイムズは昨年、疑惑が取り沙汰された当時、「上海広昇信息技術のソフトウェアが、200以上の国、7億台以上のスマートフォンやスマートデバイスに組まれている」と伝えた。

Kryptowire社が挙げた問題のスマートフォンはほとんど日本でも販売されている。また、Huaweiのモバイル端末は低価格路線で日本でシェアを拡大している。

(翻訳編集・叶清)

http://www.epochtimes.jp/2017/08/28112.html

※関連ニュース

米Amazonが米BLU製格安スマホを販売停止、ユーザー情報を中国へ送信

米Amazon.comが2017年7月31日(米国時間)までに、米BLU Products製のAndroidスマートフォンの販売を停止した。BLU製スマホが採用するファームウエアがユーザーの個人情報を中国のサーバーに無断で送信していたことが分かったため。BLU製スマホは日本でもソフトバンク コマース&サービスが販売している。

BLU製スマホが採用する中国Shanghai Adups Technology(以下Adups)製のファームウエアには、ユーザーが入力したテキストメッセージの全文やアドレス帳の内容、電話履歴、電話番号、IMSI(International Mobile Subscriber Identity)やIMEI(International Mobile Equipment Identity)といった個体識別情報を中国のサーバーに無断で送信するという問題があった。

このようなプライバシー問題がBLU製スマホ「BLU R1 HD」に存在することは、米国のセキュリティベンダーであるKryptowireが2016年11月に発表していた。BLUはこの問題を取り除いたとしていたが、Kryptowireは2017年7月26日(米国時間)に米ラスベガスで開催された「Black Hat 2017」の講演で、BLU製スマホには依然として同種の問題が残っていることを指摘した(発表内容)。これを米メディアの「CNET」などが報道したことから問題が再燃し、Amazonは7月31日までにBLU製スマホの販売を停止した

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/080202046/?rt=nocnt

 

ネットの反応

 

中国製をつかうというのは
そういうことだ
これ、常識じゃないか。

 

> 海外メディアの取材に対し、HuaweiとZTEはこの件に関するコメントを断った。

こいつらの製品もアウトなんだよなあw

 

レノボ製PC

 

line使ってりゃiphoneでもスパイに筒抜けよ

 

10000円以下の中華スマホを買う奴の個人情報に価値があるとも思えないが。ハイエンドの中華スマホではどうなんだ?

 

>>↑
それは思った、ハイエンドはもっとバレにくいハードウェアレベルで仕込まれてるんじゃねw

 

androidの無料アプリにも、怪しいのが沢山あるな。

 

>> 
ID集めて転売目的の無料アプリはたくさんある。
自分の場合、アクセス権を削除してから使っている。中にはアクセス権削除すると動かなくなるものもあるが。

 

こんなの前から言われてんだろw
調査してついに判明しちゃった
ってことかな?

 

>> 
最近になってようやく米Amazon.comが販売を停止したから
再度話題になってる感じ

 

日本で売ってる端末も勝手にbaiduと通信してるって記事あったな

 

知ってた

 

前からじゃねーの

 

さすがに中華スマホは怖くて手が出せないわ
レノボのPCやらにもいろいろ入っているそうだし

>中国国内端末専用のソフト

つまり中国内で売られてる端末には標準装備だとゲロってどうするwww

 

国内専用のがうっかりインストールされた。
つまり、中国内では当然のごとくインストール、管理されているということだか、中国人は知らないんだろう。国内製のかのSNSもだな。

 

共産党が情報を収集
無料のウイルス対策ソフトも情報を抜かれる

 

共産党の悪口書き込むと、夜中に黒服がノック

 

アメリカでファーウェイ製の携帯電話のアンテナ立てまくってたけど
ファーウェイ製品が不審な動作してるのに気づいてアメリカでは禁止されたんだよなあ

中華は露骨に怪しいのに買うやつがバカ

 

こういうのなぜか日本国内ではニュースで報道しないよな

 

使うやつがバカ

 

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治ランキング

にほんブログ村 ニュースブログへ


3 件のコメント

  • こういう支那や朝鮮製の端末って、
    OSのクリーンインストールとかやっても、
    変なチップ組み込まれてて、
    こういう事起きそうな怖さがあるよなw

  • チャイニーズの作った機械なんて信用できるわけねえだろ。
    うちの会社も上層部がアホで、チャイニーズやチョーセンジンを毎年1~2人雇うけど、現場では絶対にサーバには近づけないしアクセス権も与えてないよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)